井戸端監視カメラ



ロングライド半ば。

先日、家の近所をプラプラ歩いていると、路地の奥に旧い木造建築が見えまして。
興味を惹かれ路地に入ると、そこには住む人の無くなったアパートの廃墟。
c0189724_1835123.jpg
良いね~、味が滲みとるね~、
と眺めていると背後に人の気配が。


そこに居たのは旅行者っぽい五十がらみの男性。

お互い挨拶もせんでは不審者同士になると思い、
「良い建物ですね」と声を掛けると、
「35年前、学生の頃此処に住んでたんです。
 久し振りに京都に来たので寄ってみたんですが、
 まだあるとは思いませんでした」
と。

35年前と言えば自分などはまだおしゃぶりを咥えている頃で、
その時間の谷を越えた向こうから過去を眺める彼の想いは分かり得ない。



弊店も今の場所で営業を始めて、来月で早くも満6年。
独りぼっちの自転車屋になってからでも11年。
もうそんなに時間が経ってしまったか、と思う反面、
人生全体で見るとまだまだ僅かな期間でしかない事は確か。
c0189724_1856395.jpg

問題無く長生きしたとして、
そして店も潰れなんだと仮定すると、
自転車屋としての現在地は、
200kmロングライド計画の50km地点位か。

そうか、そうか、ん~・・・キツイ。
けど何か行けそうな気もする。


激坂は当然避けたいけれど、
ペッタリ平地も同じ位遠慮願いたい。

ゆるゆる上って振り返った時にええ眺望が開けている、そんな35年後でありますように。
by kaleidocycle | 2015-01-17 19:02 | 無駄
<< 冬季調査報告。 板付き単速。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧