井戸端監視カメラ



くっくBros。

c0189724_19351155.jpg

事前に予報されていた通り、
とてもとても冷え込んだ本日ですが、
同時に吹き荒れた突風の凄まじさは、
寒いという事を忘れてしまう程で。


自宅近くの北野天満宮さんでは、
正月準備が着々と進められてましたが、
クレーン作業をしているオペレーターさんは、
吹き付ける強風に気が気でなかった事でしょう。

そんな強く風吹く中ゆえに暇だろうとたかを括っていたのですが、
結果としては一日店に篭って黙々と作業をしていた本日。

いやぁ~真面目に働いたなぁ!自分に何かあげたくなっちまうぜ!
そんな気分が盛り上がるのは目の前に待望のコイツが届いたからか?
c0189724_19352099.jpg

フィジークの新シリーズ「B」の中でも、
恐らく一番人気になるのでは無かろうか?
個人的にそう踏んでいる此奴。

・フィジーク M5B ¥22,080(税別)

年末ギリギリでやっと入荷して来ました。

フィジークMTBシューズ「M」のエントリーに位置する「5」は、
他メーカーとは一線を画す独特の外観に加えて、比較的リラックスした履き心地、
そして何より約¥2万という価格が後押しして大いなる支持を集めた訳ですが。
c0189724_19353881.jpg

そこに追い討ちをかける様に、
登場したM5の別バージョンが「M5B」。


「B」はブラックのB・・・ではなく、
BOAクロージャーシステムの「B」。


ダイアルを回すだけで締め付けが出来るこのシステム、
簡単操作でピタリとしたフィット感が得られるだけでなく、
全開放するとご覧の通り、かなり広く開きますので、
靴にシューカバーを被せたままズボっと履いて、
ダイアル回せば出発準備完了、てな使い方でも光るでしょうな。
c0189724_19353036.jpg

そんなM5B、一応レーシングシューズです。

が、ソールパターンは結構フラットで、
歩き易そうである事もまた魅力。


M5でもMTBシューズとしては随分洒落てますが、
BOAクロージャーとパンチングレザーを採用した、
ニューカマー・M5Bのクロスオーバーデザインは、
何にも似ていないフィジークだけの世界。

トレイルライダーだけでなく、「時に歩く系」オンロードサイクリストにもチェックして頂きたい。


時に歩く系ではなく、ガツガツ山中を歩かざるをえない系、
そんなアンチレース派トレイルライダーにはコレでしょう!ってのが。
c0189724_19355689.jpg

・GIRO Terraduro ¥24,000(税別)


アッパーの構成は2ベルト&1ラチェットと、
特に見るべき所は無い・・・と言うのは嘘。

何でしょうね?このデザインの素敵さは。

c0189724_1936721.jpg

MTB用ビンディングシューズと言うと、
自動的にレーシング系に寄りがち。

その点、異質なこのテラデューロ、
底にビブラムソールを配して、
トレイルライドで当然現れる、
押したり担いだりの「歩き」をカバー。

c0189724_19361514.jpg

ハイパフォーマンスシューズなのに、
ソールはガシガシ歩けてしまうという、
全方位型トレイルシューズ「テラデューロ」。


それに対し、基本レーシングシューズなれど、
レーシングな匂いを意図的に消すと共に、
パフォーマンスに影響しない範囲で、
歩行にも配慮した、新しい価値観の「M5B」。

兄弟ブランドである両者が其々違った方向で魅力を提案してくれるというのは、
残念な製品が溢れる今にあって、とても嬉しい事であります。

まぁ個人的には、ミッドカットがほぼ滅亡状態なのが残念でならんので、
是非テラデューロのミッドカットとか出て出て出てと願うばかり也。
by kaleidocycle | 2014-12-17 22:42 | 商品
<< 初雪賛歌。 段取ローバー・ディスカバリー。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧