井戸端監視カメラ



高級品。

c0189724_19155537.jpg

自宅の引越しに伴い、暖房は電気のみに。

かと言って捨ててしまうのは忍びなく、
ひっそりと押入れで眠っていたファンヒーター。


いつまでも置いといても仕方無い、
という事で、店に移動してみた今朝。

斜めにして燃料漏らしてしまわぬ様、
慎重に積んで慎重に運んだ積もりなのに。

店に到着した時には、ロングテールのバッグは灯油でベチャベチャ
いや、この匂いは嫌いじゃないから良いんだけど、でもベチャベチャはなぁ。



取り合えず掃除&点火してみると、いつも寒い店の中が一気にヌクヌク。
アハハ、気持ち良い~!とご機嫌で作業に邁進するも、
新品の油圧ブレーキを組み付けをしていると・・・ん?タッチが何か変。

ふと見ると足元はブレーキフルードでベチャベチャ
確認するとキャリパーのスクエアシールからフルードだだ漏れ。



この某トップ企業のブレーキは、効きもタッチも良いのに非常に安く、
使う分には素晴らしいのだけれども、何せB品が多い
今年一年で何度クレーム処理をした事か・・・。

海外工場で大量生産する事のメリットを享受しまくっているだけに、
仕方無い仕方無いとは思うのだけれども、丁寧に作って欲しいなぁ、とも。
まぁ、全て国内工場でビシッ!と作ったら買えない値段になるんでしょうけどね。

c0189724_19163322.jpg

値段の事はどうでも良い、
最高なモノを出さんか~い!

そんな気合の入った趣味人になりたい。
なりたいですよね?なれるなら。

じゃぁその為のトレーニングとして、
まず此処から始めてみましょう。

「SPURCYCLE Bell」

世間の一部では相当話題になっているので、知ってる人も多いかもしれませんが、
「最高の自転車ベル」として作られた米国製最高級ベルです。
価格はロウカラー(銀)が¥6,200、ブラックが¥7,800とチョッと正気を疑う価格。
c0189724_19165138.jpg

しかしモノを手に取って見て行くと。

・・・おぉ~何じゃこの完成度は!
ベルと言うレベルでは全く無い。

その詳細は此処で語るよりも、
本国HPの説明と動画を見て頂くとして。

c0189724_19171134.jpg
まぁ要するに、どんな車体に取り付けようが、
見劣りする事の無いベルである、という事です。


スチールロードには勿論として、
トレイルバイクにつけて熊避けにするもよし、
ツーリングバイクにつけて、
鼻歌の伴奏に使うもよし。

カーボンロードにつけても馴染むベルって、
こんなの見た事ねぇやな。

c0189724_19172893.jpg
取り付け用のバンドさえも、
本体色に合わせたステンレス製で、
何処からどう見ても格好良い。


高い安いで言うと間違い無く高い。

でも欲しい欲しくないで言うと、
「高い!」と言うのと同じ位欲しい。

c0189724_19173770.jpg

もっと安ければ欲しいのにという方、
ご安心下さい、価格を下げる為に、
鋭意アジア生産の段取り中だそうです。

逆に言うと、全ての部品が米国で作られ、
組み立て検品された分は、
今回が最初で最後の入荷になるそうな。

安く大量に作られる事は基本的に良い事なのだけれども、
この手の製品であれば「そうじゃない!」と感じる人も少なからず居られる事でしょう。

自分用としては勿論、クリスマスプレゼントとしても絶対的に喜ばれるであろう此方、
入荷即ポロポロ売れて、現在残す所は銀・黒各1つ(追記:全て完売。)
「これじゃないとダメだ」と思ったなら、高級品への入り口を開くべし。

でも明日は定休日なので明後日以降で。
by kaleidocycle | 2014-12-04 20:43 | 商品
<< 護れ末端Ⅲ。 寒さ一撃。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧