井戸端監視カメラ



護れ末端Ⅱ。

c0189724_14214771.jpg
暫く前に寿命は尽きていたけど、
何だか捨てられずに玄関に鎮座していた。

そんなSPDサンダルに別れを告げた本日、快晴。


思い切って捨てたは良いけど、
「あぁ~、次のSPDサンダルどうしよ?
 後継品は色が好みや無いし、
 KEENのは足痛くなるし・・・うむむむむむ」

と悩みは消える事無く、寧ろ増すばかり。

c0189724_14222215.jpg

って、サンダルの心配する暇があるなら、
これから冬を迎えるにあたって、
足を寒さから護る心配をせい、という話で。

今最もイカしてるとかしてないとか言われる、
足元防護壁「シューカバー」をご案内。

・Lizard-Skinz Dry-Fiant Shoecover
 ¥3,600(税別)


c0189724_14223570.jpg
表はツルンとネオプレン系素材で、
完全防風&ほぼ防水。

内側はフリース張りでチョッとホッコリ。

爪先&踵には滑り止め補強も装備。

つまり普通。

c0189724_14224720.jpg

では特筆すべき点はあるのか?
いや、そりゃ見た目でしょう~。

ここ数年のリザードスキンズって、
一気にイメージチェンジ図って来て、
「見た目で選ぶ」というレベルまで来てますモンね。


とかそんな事より何より。
価格がリーズナブル、大事な点は此処。

c0189724_14225651.jpg
シューカバーってのはやはり消耗品であり、
「便利~!快適~!」っつって連日使ってりゃ、
破れた!千切れた!穴開いた!と、
悲しい発見をする日が来るのは当たり前。

そんな毎日の実用品だからこそ、
望み得るなら耐久性、それが無理なら低価格、
そして勿論、ニーズを満たす性能は必須ですし、
更に使いたくなる見た目となればより良い。

つまりこの製品はバッチリだって事ですわいな。

寒さ対策だけでなく、これからの時期には避けられない、
雪解けの水の巻上げで足が濡れる事からも護ってくれますぞ。



「降りて歩く頻度が多いので、シューカバーの消耗が気になって気になって・・・」
c0189724_14231132.jpg

そんな事で眠れない夜を過ごす、
小心者サイクリストにはコレだ!


・45NRTH Fasterkatt
 ¥22,000(税別)



c0189724_1423222.jpg
想定気温-18℃~-3℃のウルフハンマーと比べると、
想定気温が-3℃~7℃のファスターカットは、
甘ちゃん仕様と誤解されるかもしれませんが。

雪も解けない極寒の中で使うウルフハンマーに対し、
雪が解けて水となる気温で使うファスターカットは、
防水性により重点を置いた造りになっておる訳です。


そもそも京都の人間には充分な保温性である事は、
この二重構造を覗いただけでお分かり頂けましょう。

そんなファスターカット、今期モデルは甲部分がより高い形状にマイナーチェンジ。
同時に価格も改定で¥26,000(税別)となってしまいました。

逆に言うと店頭にあるモノは型落ちとなりますので特価¥XX,XXX(税別)でご案内。
後日記:完売
サイズは一番売れ筋の43、これが一点のみ。冬と闘う猛者なアナタに。

そんなこんなで今日は此処まで、明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2014-11-29 16:54 | 商品
<< リハビリーズブートキャンプ。 護れ末端。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧