井戸端監視カメラ



ハナタレル・レーザー。

c0189724_1743399.jpg

親と言うのは愚かなモノです。


息子が人生二度目の風邪をひき、
喉に痰をからめて息をヒューヒュー。

不憫なり、実に不憫なり、
何かしてやれる事は無いのか・・・、
と悶えた結果、喉に優しい暖房器具、
デロンギ・オイルヒーターを買いに走る。

って、風邪をひく前にオイルヒーター導入するならまだしも、
ひいてからでは意味が無い、とまでは言わんけど意味薄弱でややピンボケ。


選択はいつもシャープ且つクレバーに、常そう構える自分であるはずなのに・・・。
c0189724_17432073.jpg
まぁ私生活はドン臭くても良いから、
店の商品だけはシャープにクレバーに。

という事でこんなライトをご紹介。
・GP CG-123P ¥3,800(税別)

コンパクト&クソ明るい系の最先端、
それがこのCG-123・・・って言い難い。

USB充電式という事で乾電池を入れる必要が無く、
当然その分軽量に仕上がった、たった52gのコンパクトボディーからは、
レーザービームの如き光線が放たれる。 「洟垂れる」の駄洒落じゃ無しに。
c0189724_1743556.jpgc0189724_17453530.jpg





c0189724_1746566.jpg
今まで弊店ではこの手の製品となると、
オウルアイのハイラックス30(¥4,700)が、
絶対的定番品だったのですが、
恐ろしい強敵が現れた、という訳です。

勿論其々に美点はある訳ですが、
外観で言えばコンパクトさが光る、
CGの方に軍杯があがる、かな?

c0189724_17464715.jpg
球は共に3wという事で優劣無いけど、
強・弱・点滅3モードのハイラックスに対し、
CGは強・中・弱・点滅の4モードで、
特にCGの強モードは強烈。

(左:CGの強 右:ハイラックスの強)

比べてみると誰もがCGに軍杯を・・・、
と決めるのはチョイと待った。

c0189724_17465897.jpg
実際に自転車に装着して使う際には、
地面を真正面で照らすのでは無く、
斜めに照らす事になる訳で、
両者を斜め向けて地面を照らすと・・・。

ハイラックスは照射範囲が縦に長く、
更に手前は暗く、遠いほどに明るくと、
明るさが数段階に分かれているます。

つまりハイラックスはレンズカットに工夫があり、実用上の利便性を生んでいる、と。
片やCGは単純なる集光レンズですので、本当に真っ暗な田舎道を走るとなると、
激しく明るい照射部故に、明順応により周りが見え辛くなる可能性も。

という事で、リアル前照灯としてはハイラックスがより有能と思います。

c0189724_17471592.jpg

結果として言うなれば、
CGは普段使いの強力ライトとして、
非常に有能であると言えるでしょう。

例えばスイッチ一つ見ても、
ボディーの端っこにあるのではなく、
出っ張ったUSBポートの下にあります。

街中で自転車を停める時、ライトを盗まれるというのはよく聞く話。
なので、自転車を離れる際にはライトを外して持ち歩く訳ですが、
たまにポケットの中に入れたライトが、何かの拍子でスイッチオンになり、
ふと気付けばポケットが光って、ほんのり暖かい・・・という事屡。

しかしCGのこの位置であればそうそう押される事も無いので、その心配も減る。
c0189724_17472744.jpg

またケーブルを使うタイプでは無く、
本体に雄がついているタイプなので、
どこでも充電可能なのも便利ですし。

スイッチ部とUSB部一体の止水カバーも、
より高度な防滴性を期待出来る所です。

c0189724_17474024.jpg

まぁでも何だかんだ言って、
この性能で4千円切りという「価格」
これが何よりの性能かもしれません。

時に誰もいない夜の闇へ漕ぎ出す、
そんな時の相棒として、
本当に前を照らせるライト。

普段使いメインで気軽に取り外しして使うならCG、
より長時間、広い照射範囲の恩恵を受けねばならぬツーリングなどではハイラックス、
そんなイメージで捉えて頂ければ良いかと思う次第であります。
by kaleidocycle | 2014-11-21 18:51 | 商品
<< 番犬一匹。 ウォナ・ビー・雪ダルマ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧