井戸端監視カメラ



重ね過ぎ注意報。

c0189724_16361433.jpg
落葉の重なる数の増すにつれ
物見増々京の秋かな


と、五七五調で詠んでしまいたくなる、
そんな秋の京都、実に観光ラッシュです。

人と車で溢れ返る市内に背を向け、
サイクリストは山へ向かうが吉。

c0189724_16365023.jpg

日が昇るまでは中々にパンチの効いた寒さなれど、
明るくなればまぁ全く問題無いレベル。

手足が痺れるぅ~!てな事も無いし、
手袋なんざまだまだディフィートのウールで十二分。


たださすがに・・・半袖の人は見掛けなくなりました。
となると、そろそろ出す頃合でしょうか。


c0189724_16371054.jpg
ウインタージャケットを!


今年はもうコレばっか、という一推しブランド、
GSGの防風&裏毛のウインタージャケット。

その6種類ほどあるラインナップ中、
コレが一番イカしてるぜ!と言い切れるのが。

・GSG Morzine ¥22,000(税別)

c0189724_16392249.jpg
カタログを見ている時点では、
個人的には「ふ~ん」て感じだったのですが、
サンプルの現物を見たら・・・あれ?
何コレ、めちゃシュッとしてるやないの。

黒ベースにグレーのプリントがランダムに並び、
黒に有りがちなのっぺり感が無いし、
そこにちょこっと注されたハイビズイエローが、
嫌らしく無い程度に映えて良い纏まり。

現物を見てみんと分からんモンです、やっぱ。
(モデルはシュッとしている人にお願いしました)

c0189724_1639099.jpgc0189724_16393661.jpg


c0189724_1640541.jpg
そんなモルジヌの後にチラチラ写るのは、
やはりGSGのウインタージャケット、
しかし此方はご覧の通りクラシックジャージ風。

・GSG Izoard ¥22,000(税別)


「1984」と書いてある事から、
勝手に「行くわよ!ジャケット」と呼んでいますが、
そんな意味が籠められてるという事は一切無く、
GSGの創業年を指しているそうな。

c0189724_16412755.jpg
つまり今年は30周年。
前出のモルジヌの首元&襟元にも、
よくみれば「30」と書いてあるのも同じで、
30周年アニバーサリーラインな訳ですな。


イゾアールとモルジヌは同じ素材を使っており、
防風・透湿・撥水・裏毛と同じ機能を有する、
デザイン違いの兄弟製品。

長めの裾にはエラスティックプリントが施され、
背中が出難いのでお腹も冷やさないぜ。

c0189724_16413964.jpg

バックポケットの構成も当然同じで、
3ポケット&ジッパ付きサイドポケットと、
普通かつ使い易い極々定番な仕様。


使い易さはポケットの構成だけでなく、
防風性と保温性と動き易さのバランスも、
きっとコレ位が一番使い回しし易いのでは?



c0189724_18504659.jpg
似た様な機能を持つけど少し違う、
7-ITAのレトロアーミージャケットも、
あとMサイズ1点のみありますので、
好みに合わせて選んでね!

寒い寒いと引き篭もる事無く、
ベースレイヤー着て、
その上からジャケット着て、
動き易さを保ったまま寒さを防ぎ。

人混みに背を向け、色付く山向こうへデッパツ~!
c0189724_16403556.jpg
by kaleidocycle | 2014-11-16 19:14 | 商品
<< 目指せ殿様。 逆チャップス。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧