井戸端監視カメラ



儀式と呪文。

c0189724_1863273.jpg

このサドルに跨る時、
まずは張りの調整から始まります。


何故なら前回乗り終わった際、
テンションを緩めて休ませていたから。


何とも邪魔臭い儀式ですが、その邪魔臭さを補って余りある価値がある。
そんな唯一無二の安楽サドル「セラアナトミカ・タイタニコ」

「座った瞬間いきなり楽」とか、「距離が伸びれば伸びるほど楽」など、
数々の美辞麗句で彩られるこのサドルですが、
その裏には「猛烈に伸び易い」というデメリットが潜んいたりもします。
c0189724_1872178.jpg

テンションだらだらのままでは、
その乗り心地の素晴らしさは薄まる。

かと言ってテンション張り過ぎれば、
革はズイズイと伸びてしまい、
やがて調整限界を迎える。

調整幅が限界を迎えたならば、
買い換えれば良いだけだし、
そのコストを払うだけの価値はある。

なのに何故チョコチョコと乗る度に調整するなどと言う事をしているのか?
答は「革サドルだから」

いかにタイタニコが新品から楽さを提供してくれるとしても、
やはり使い馴染んだそれには遠く及ばない。
この安楽を一日でも永く感じていられるなら、たかが乗る度に調整如きってなモンで。
c0189724_1874719.jpg


あとはタイタニコはここ数年供給不安定であった事もあり、
大事に使わねば次いつ手に入るや分からん、という危機感もありましたし。
c0189724_188787.jpg

そんな危機感を払拭するお知らせ。

この度、Simworksが取り扱いを開始、
と言う事は当分の間は、
いつでも手に入る状態になったという事。

オメデトー!アリガトー!

SelleAnatomica Titanico  ¥19,800(税別)


c0189724_1882367.jpg
ただ扱いを始めただけではありません。
Simworks別注のメッキレールで登場。

黒レールのみだったタイタニコに、
メッキレールという選択肢が出て、
更にいつでも欲しければ手に入るなんて。

凄い事なんです、分かって頂けますか?

c0189724_1885160.jpg
タイタニコ愛用家にとっては、
今回のニュースは大歓迎でありましょう。

しかしやや都市伝説化している、
「タイタニコ万能論」とでも言いましょうか、
誰もが絶対に楽な魔法のサドルという誤解、
それを信じて飛びついてしまう人が心配。

タイタニコは恐ろしく楽です。
しかしエッジ部分が内腿に擦れたり、
穴部分にキャン玉の皮が挟まれたりと、
形状から来る問題点もあります。

其れ等の問題は、レーパンを履く事でほぼ解消します。
超ロングライドイベントで使用率の高いタイタニコですが、
そんなイベントであれば誰もがレーパン履いていますからね。
c0189724_1883894.jpg

ただ普段着的な格好で乗る場合、
タイタニコはいきなり好き嫌いが生まれます。

これはもう普通のサドルと同じで、
尻の形状と皮の厚み、上体の角度など、
色々な要素が絡み合い、
「良い!」という人も居れば、
「・・・あれ?」という人も居る事に。

だから誰にでもお勧め、とは言えぬのです。

タイタニコについては、まだまだ語るべき事はあるのですが、
書くのが疲れて来たので、気になる方は店頭でジュース片手に聞いて下さい。

取り合えずお伝えすべき事は、
「タイタニコありまっせ、黒レールもありまっせ」以上。
by kaleidocycle | 2014-11-07 22:32 | 商品
<< 新風船と蝉々のその後。 失せ物、出る。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧