井戸端監視カメラ



2015見聞録 最終回。

c0189724_1882482.jpg
ドッタリバッタリノッタリノタリ。

今朝も素晴らしい気候の中、
フルリジッドマシーンでGoGo。

フルリジッドとは言え、
前輪はSurlyが打ち出した極太規格、
「29+」ゆえボヨヨンと平和なモンです。

26x4.0などの本家ファットはメジャー各社も採用するなど繁栄の極みであるのに対し、
このセミファットとも呼ばれる「29+」の方はまだまだマイナーな存在。
ハンドメイド系であれば29+を採用する例は多々あれど、
メーカーの型モノとなると・・・思い浮かばんですな。

じゃぁ俺一番のり~!と飛び出して来たのは結構意外な所。
c0189724_1885450.jpg



NINER!

はい、ナイナーから29+採用の、
新フレームが登場しました。
その名も「ROS9+」


ナイナーと言えば29er黎明期に、
フレームを選べる喜びを、
世に放った29専門ブランド。

そんなナイナーが29+を前に、
黙っているはずも無かった、
という事なのでしょうかね?

c0189724_1895477.jpg

なにせホイルが馬鹿デカイ、
そんな29+ホイルを採用するからには、
本家本元であるSurlyのクランパスと、
似た様な方向の造りになるのは必然。

しかしジオメトリ的に見ると、
純トレイルバイクなクランパスと、
ダートサイクリング然としたECRの、
中間くらい・・・よりもクランパス寄りの様で、
上手い落とし所であるな、と思ったりもします。

c0189724_18102713.jpgc0189724_18103935.jpg

c0189724_18105957.jpg

ただスポーチーなブランドであるが故に、
各部の造りはトレンド色強めで、
44ヘッドチューブに前後スルーアクスル、
ドロッパーポストの内装ケーブル取り出し口もあり、
「正に今!」という構成になっております。


あとエキセントリックBBですので、
シングルスピードで組んだ際にも、
ホイルがクイックで落とせるのは有り難い!

c0189724_18112339.jpg
そんな「ROS9+」、お値段¥26万です。

「ええ値段やな・・・」と言うにはまだ早い。
此方はフレーム&フォークに始まり、
ヘッドセットに前後アクスル、
ホイール、タイヤと一式セットで¥26万

変わった売り方ではありますが、
理に適っているとも思ったり。

因みについて来るホイルのリムはチューブレスレディーという事で、
これはもう・・・チューブレスにせいと言われてるみたいなモンですな。

c0189724_18113834.jpg
ん~ROS9+、魅力的だぜ・・・。

家の部品ストックを掘り返して、
必要な部品を集めるとしても、
フロントシングルという事になれば、
シングル用チェーンリングが必要。

何か良いのないかな~ってあった!

c0189724_18115248.jpg
ナイナーの新作チェーンリング、
Ringalicious RDO ¥8,000(税別)

この見た目なのにナローワイドデザイン、
つまりチェーン落ち無縁という素敵さ加減。
やだ・・・何コレ・・・欲しい。

ただ歯数は32tのみなので、
足や車両を32tにセットする必要あり。

「歯数の調整だと?そんなモン必要ない!気合だ気合!」
c0189724_1812242.jpg

そんな豪傑にこそ使って欲しい、
謎の新型フォークが出てもうた・・・。


Lauf TRフォーク

グラスファイバー製リーフスプリングによる、
60mmストロークのサスフォークだそうで、
1kg切りという重量は確かに魅力的。

c0189724_18123336.jpg
しかし調整機構など何も無く、
「重い人用」と「軽い人用」の、
2種から選べる事が唯一の調整。

動くけれどダンパーは無い訳で、
「ファットバイクの様な乗り味!」
という風になるそうですが、
コレ・・・¥10万位するんですよ。

それなら普通にファット買った方が、空気圧を調整出来るし、
グリップ強力だし、コスト的にも抑えられるしで全面的に良い様な気が・・・。
c0189724_18124181.jpg
ガッァッシャーン!(ちゃぶ台ひっくり返す音)
バカヤロウ!細けぇ事言ってんじゃねぇ!
性能がどうだとかな、んな事はどうでも良いだよ!

この手のフォークはな、男気で買うモンだ。

数年に一回、この手の妙なフォークは出て来る、
そして如何に革新的かを謳って魅了し、
実際使い始めた所で「あれ?」ってなって、
ふと気がつけば販売終了ってな、
んな事ぁ何度も何度も繰り返されてんだろよ。

性能とか効率とかよりも、大事なのはこの一言だろ。
「オマエが欲しい」
ワタクシはハリーキャットで傷めたハートが未だチクチクするのでパス。
c0189724_18131845.jpg

しかしまぁ何と申しますか。

使いこなせぬ程の多機能化が、
ドンドンドンドン進めば進むほど、
反力で単純なモノが輝きを増し、
リジッドやシングルの様な、
「充分感」の魅力に惹かれる人も増える。

c0189724_18135074.jpg

我々は進化しているのでしょうか?


製品の選択肢がドンドン増えるに従い、
自分が必要とするモノを選ぶ事が、
加速度的に複雑さを増して行き、
ややもすれば溺れそうになる事も。

c0189724_18164948.jpg

道具は確かに便利になっています。


なので後はそれを使う自分自身が、
道具の進化とリズムを合わせて行けるか、
もしくは自分のリズムを保てるか、ですな。

弊店の2015展示会レポートは今回で終了。
弊店が良いって言うから良い訳では無く、また悪いって言うから悪い訳でも無い。
新製品はドンドン出て来ますが、選んで使うのはアナタ自身!

沢山悩んで、ビシッと選んで、バシバシ乗って、人生深化してたもれ!
by kaleidocycle | 2014-10-16 23:25 | 駄情報
<< ベントレー、手に入れました。 2015見聞録 その7。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧