井戸端監視カメラ



暑苦しふと。

c0189724_15123981.jpg
今朝もプラっと軽く走りに出まして。

一服がてらアイスコーシーでも飲むか、
といつも通り自販機に向かい合う、
しかしどうしてもボタンが押せない、
何故なら!

コーシーが全てホットに・・・。

c0189724_15125014.jpg

嗚呼、サイクリングの楽しみの一つである、
アイスコーシーが消え行く。


まぁ確かに陽が落ちる時間ともなると、
結構冷え込みますから、
ホットコーシー求める人も多いのでしょう。

しかし日中はまだ雪駄で過ごしている自分には、
アイスコーシーを惜しむ気持ちの方が強い。

そう、現実の状況に先んじて「暑」から「寒」へと、世はシフトし始めており、
弊店もまた例外では無く、2階のウェアコーナーは厚手のモノばかりで。
c0189724_1513584.jpg


あっつっくっるっしぃ~・・・。
自分で並べときながらナンですが、見てるだけでクラクラして来ます。


着るのはさすがにまだ早い、と思いますので、
本格的な紹介は必要な時期が近付いてからにしたいと思いますが、
「とりあえず此処はチェックしておいて欲しい!」というのをチョッとだけ。

まずは「7-ITA」のウインタージャージ。
c0189724_1513272.jpgc0189724_15133624.jpg


・7-ITA レトロアーミー ロングスリーブジャージ ¥13,800(税別)

裏フリース素材を使った防寒系ジャージなのですが、
特筆すべきはそのシンプル且つシャープな「デザイン」
そして他社近似製品を大きく引き離す「リーズナブルな価格」
c0189724_1514968.jpg



7-ITA、多分多くの人が聞いた事の無い名前だと思いますが、
このブランドはイタリアのサイクリングウェアメーカー「GSG=グローバルスポーツギア社が、
日本の代理店「7-Bicycle」が持ち込んだデザインで製作したという、
今年デビューの新ブランドなのであります。

某高級サイクリングアパレルのOEM生産も行ってるという、
イタリアの工場(イタリア製です!)で生み出される製品は品質に文句のつけ様も無く、
そこに日本人による日本人の為のデザインが乗っかると・・・こうなる。
c0189724_15134932.jpg

根性が30度ほど捩れた自分ですから、
7-ITA製品全てが最高!とは言い兼ねます。

しかし上記のウインタージャージと、
そして同じデザインのウインタージャケットは、
確実に良い!と思うが故に店頭に登場。

・7-ITA レトロアーミー ウインタージャケット
 ¥23,000(税別)


¥23,000ですよ、この品質で・・・。

あとは前総面防風という珍しいウインタービブも入荷していますので、
冬篭りなど無縁で走り続ける方は是非現物を手に取ってみて下さい!
(因みにウインタービブは¥19,800です。高い?現物見たら安い!って言いますよ)



あと、此方は少々残念なお知らせになりますが。
c0189724_1514414.jpg

素晴らしい完成度と、
全く吊り合わないリーズナブルさで、
冬のトレイルライドは勿論、
毎日の定番の位置を必ず奪える、
シャワーズパスローグフーディー

¥16,800(税別)と恐ろしく安かったのですが、
10月1日から価格改定で¥17,500(税別)に。

というかそもそも代理店の在庫が無い。

c0189724_15145246.jpg
3レイヤーのソフトシェルに、
内側一面、フードまでフリース貼りで、
雪が降ろうが霙が降ろうが、
上半身だけはホッカホカ。

フードの形状もよく出来ているし、
バックポケットも勿論あり。

ただ代理店の在庫が無い。

c0189724_15151629.jpg
いや、正しくは黒であれば在庫はあるし、
推し色のブラウンでもLサイズならやはり。

しかしこのローグフーディーは、
サイズ感が海外サイズ設定であり、
日本人は基本S、デカイ人でもMなので、
一番必要とされるであろう分の在庫が無い。

でも弊店店頭にはSのブラウン一枚あり!

寒くなってからではきっと遅い、
寒くなる前にさぁ!手を挙げよう!

そんなこんなで今日は此処まで。
定休日である明日は展示会行って来ま~す。
by kaleidocycle | 2014-09-29 17:46 | 商品
<< 2015見聞録 その5。 長き自転車と長き道。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧