井戸端監視カメラ



長き自転車と長き道。

半年ほど前に内装5段ハブ「SG-5R」組み込んだマイロングテールバイク。
シングルスピードから多段へと進化した事で機動性は各段に向上し、
出動回数もウナギ上りに・・・なるはずだったけれど。
c0189724_16393483.jpg

この半年を振り返ると出動回数激減
原因は内装5段ハブのフィーリング。

ギア比が変わるのは有り難いのだけれど、
漕いでも漕いでも足に絡み付く様な
何とも言い表し難い感触が、
どのギアを選んでも常に付き纏う。

c0189724_16411637.jpg
上りでギアを軽くしても足の負担が減る感覚は無く、
ただ足がクリクリ回っているだけで進まない。


「ロングテールに内装5段、絶対に良いはず!」
とムクムク膨れた希望は、
アっと言う間にプシューっとパンク。

シングルスピードの頃は良かった・・・、
上りは立ち漕ぎ必須だったけど、
漕げばその分シュッシュと走ったのだから。

c0189724_16412492.jpg
という事で内装5段化実証試験、
「SG-5Rで漕ぎを求めちゃならん」
これが答という事になりまして、
終了~パフパフ~♪


ホイルをチャチャっと組み直し、
シングルスピードロングテール復活。

c0189724_16413855.jpg
あと此方も実証実験中だったのに、
気付けば2年以上放置していた、
Beamブランドで販売されているハブダイナモ

台湾のシャッタープレシジョン社(SP社)が、
ハブダイナモの王様シュ◎ットを模して作った、
コンパクト&素敵デザイン&リーズナブルな此奴。

果たしてその止水性・耐久性や如何に?
と心配していましたが全く問題無い様で、
充分以上に人様にお薦め出来る事を確証。
キミは良い奴だ!気に入った!



と、己がロングテールをグチャグチャ触っているのは、
目を背けたくなる現実がそこに鎮座しているからかも。
c0189724_16415043.jpg
ロングテールが欲しいという知人に、
「昔のMTBがベースには最良よ」
と伝えた所、彼が選んだのは・・・。

ヤフオクで¥1万少々の現状渡し品。

まるで沼から引き上げられたかの様な、
見事な、実に見事なジャンクっぷり。

c0189724_164247.jpg
車両が持ち込まれた瞬間凍りつきました。

確認して行くと何もかもがグダグダ、
センターが3cmもズレてるホイルって、
生まれてはじめて見ましたよ!

車両をロングテール化するだけのはずが、
もう何から手をつけて良いのやら・・・。

彼はロングテール化が済めば、埼玉まで乗って帰る積もりらしい。

果たしてこの荒法師は無事ロングテール車として生まれ変わるのか?
そして彼は無事埼玉まで乗って帰れるのか?
長い自転車との長い戦いが幕を開けようとしているのです。
by kaleidocycle | 2014-09-28 19:43 | 駄情報
<< 暑苦しふと。 巨人の馬鹿力。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧