井戸端監視カメラ



巨人の馬鹿力。

c0189724_18465910.jpg

実に、今日も実にええ天気ですな~。


さて何処に向いて走りに行こうか?

ロードでシュパーンと遠くへ行きたくもあるし、
MTBで山の中へと分け入りたくもある。

どっちしよ?どっちしよ?どっちしよ?
どっちしよ?

c0189724_18471656.jpg
と悩んでいても時間が過ぎ行くばかりなので、
折衷案という事でロングダートに決定。


未だ青いイガグリを足元に見ながら額に汗。
尾根に出た瞬間、吹き抜ける一陣の風に、
かいた汗はスパーンと何処かへ飛んで行く・・・。

と、気分が良いのは素晴らしいけれど、
MTBの移動速度と意識時間が一致せず、
時計の針がドンドン回ってチト焦る。

ダート行きたい、けど遠くへも行きたい、そして速く行きたい。
そんな解けない悩みを溶かす劇薬的一台、密かに入庫しています。
c0189724_18473297.jpg



・GIANT TCX-Advanced-PRO2
 ¥230,000(税別)

c0189724_18522022.jpg
弊店がジャイアントの完成車を展示するのは、
いったい何時以来でしょう・・・。

記憶を手繰ろうにも手繰り切れませんが、
んな事ぁどうでも良くて。


コレがジャイアントだ!
というインパクト満点の此方。

フレームは勿論フォークもコラムも全てカーボン

c0189724_18523353.jpg
そしてブレーキはディスクブレーキ

故にシートステーは細く、リーフ形状にして、
カンチならばあるはずのブリッジも無い

シートステーのリーフ化により、
乗り心地の向上が図られる訳ですが、
それを更に加速させるのが、
D字形状のシートポスト「D-fuse」

ええ、此方も勿論カーボンですよ。

c0189724_18525690.jpg

そんなTCX、ジャンルとしてはシクロクロス。

サイクリングもツーリングも視野の外、
真剣直球にシクロクロス車であります。


シクロと言えば「担ぎ」「泥」

対策として最良と思われる「ワイヤーフル内蔵」で、
担ぎはスマート、泥の心配もナッシング。

c0189724_1853724.jpg

ま、フル内蔵は良い事だけではなく、
整備性が悪いというデメリットもあります。

が、そこは流石ジャイアント、
悪かないです。

良いとも言いかねますけど困りはしない。

c0189724_18532016.jpg
と、カーボンシクロ最前線を走る此奴、
フレームだけでなくフォークも最前線。

ハイ、15mmスルーアクスルです。
コラムまでカーボン、更にテーパー、
何ならEVO~1.5のオーバードライブ2。

つまり?強烈だ、という事。

c0189724_18533244.jpg

ブレーキも今乗りに乗ってる、
機械式ならコレでしょ!のTRP-Spyre

左右からピストンが挟み込む、
機械式としては異例の構造で、
効きは言うに及ばず、
タッチのシッカリ感はさすがさすが。


c0189724_18534744.jpg
これだけやり込んで、
ここまでやって¥23万


コストに対して何を、
どんな価値を提案出来るか?

巨人の出すその答は、
最早恐ろしいと言える程に強烈。


惜しいと思う所はやはりブレーキ。
Spyreは今最良の選択の一つ、
ただフル内蔵ケーブルの影響で、
本来持つ引きの軽さがどうも出ない。

フル内蔵はやはり、
油圧ブレーキでこそ活きる。


明日からはじまる関西シクロクロスへの参戦は勿論、
塩カルばら撒かれる冬シーズンの主力機としても、
確実なパフォーマンスを見せるであろう此奴。

基本「鉄屋」である弊店でさえも認めざるを得ない、
言わば「巨人の馬鹿力」なのでありますよ。
by kaleidocycle | 2014-09-27 22:42 | 商品
<< 長き自転車と長き道。 天秤ライフ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧