井戸端監視カメラ



2015見聞録 その3。

c0189724_17555670.jpg
はい!
という訳で今朝も行って来ました展示会。


現場は近い様で遠い街・大阪。
たった50kmしか離れていないのに、
何故か文化の違いを感じる大阪。

イカしたマシーンが止まっているのが、
何故か画になる街・大阪。

c0189724_17565747.jpg
まずは「カワシマサイクルサプライ」から。

結構色々扱っているカワシマですが、
具体例を挙げるとするならやはり、
「フィジーク」

2014新製品だったVolta-R3も、
展示会前に無事出荷が始まったそうな。

c0189724_1757203.jpg
フィジークと言えば「合理主義」、
その独特の製品に支持者も多い、
けど・・・ラインナップが増え過ぎて、
何が何やら整理つかんですわい。

そこにまた新製品?
わ~!もう訳分から~ん!
君、誰よ?

c0189724_1872081.jpg
誰・・・とな?
貴様の尻を10年程も支えて来たのに、
その言い草は何だ、ウツケモノ!


は!アナタ様は!
お尻の恋人「Gobi」ではありませんか!

久し振りのデザインチェンジですな。

と、そんなサドルから始まったフィジークですが、
近年ではシューズの方でもブイブイ言わせてます。

完全にスポーツ用品としての性能とデザインを備えているのに、
何故か滲む「洒落た感」というのは他ブランドとは一線を画すモノ。
今年はその洒落た感を更にもう一丁押し込んで来たのが。
c0189724_17594893.jpgc0189724_17595989.jpg


・R5B ¥18,880(税別)
よりシンプルな「ネオクラシカル」という立ち居地になりましょうか。
この手の製品でよくある「生臭み」というのもキッチリ落とされたデザイン、
そして他のフィジークシューズと共通の機能性、それでこの価格。

ロード用はM3・M5、MTB用もM3・M5と其々この手のデザインで展開されます。
コレは人気出るでしょうね、確実に。
c0189724_17592916.jpg
表面的に取り繕うだけでは、
出す事など敵わぬ洒落た感。

それを出せるフィジークというのは、
やはり稀有なブランドと言えるかと。

このハンドルも良いですね~、
ハイエンドのシラノ00ですか、
ほうほう、でお値段の方は・・・?

税込で¥5万!ヒデブッ!


はい、あとカワシマと言えば「カンパニョーロ」
c0189724_1881265.jpg

弊店ではあまりご縁の無いカンパ、
しかしシマノのクランクが105まで、
4アーム化された今とならば、
再考すべき必要性も・・・。

ってカンパも4アーム化なんですよね。

c0189724_188229.jpg
カンパはカンパで進化して頂ければ良いのですが、
なんつーか・・・ねぇ、
カンパに「こうあって欲しい」みたいな、
勝手極まりない希望ってあるじゃないですか。

「いつまでも綺麗な嫁で居て欲しい」
と同じ、流麗なカンパで居て欲しいっす。
少なくともシルバーの5アームはいつまでも。


ま、シマノでも11速対応の5アームクランクって、
実は存在していたりするんですけど。




c0189724_1883513.jpg
続いて此方も近年ブイブイ!な「チャレンジ」から、
もうすぐシーズンインするシクロクロスに向けた、
新製品が出ておりました。


右はマディー用の「Limus:ライムス」、
そして左が新製品の「Baby-Limus」
センターノブが連続的配置になっており、
泥番長のライムスよりも漕ぎの軽さを演出。

泥もあれば比較的締まったストレートもある、
そんな普通なレースの普通な選択になろうかと。

c0189724_1884574.jpg
チョッと珍しいモノとしては、
MTB用チューブラータイヤがコロンとな。

まぁ浮き輪ですね、見たまんま。
得も言われぬ愛らしさを感じるのは、
自分が自転車屋だからなのでしょうか?


担当の方は言いました「需要ありますかね?」

俺が聞きたいわ。



c0189724_189619.jpg

カーボンカ~ボ~ン、何でもカ~ボ~ン、
ハブもカ~ボ~ン、リムまでカ~ボ~ン、
そうさ!

田原俊彦のジャングル風に歌ってしまう、
それ程までにカーボンが当たり前の時代。

c0189724_1891578.jpg
フルクラムのロープロハイエンドモデル、
レーシングZEROの更に上として、
この度レーシングZEROカーボン登場。

カーボンリムってのが最大の違いですが、
説明書読んでて一番気になったのが、
「ニップル穴を無くす事でウンヌン、
 ニップルはバルブ穴より入れるカンヌン」


え・・・マジで?
ってまぁこんなハイエンドホイルのスポーク交換を、
自分がやる事などある訳無いのでどうでも良いんですけどね、
本当にそうだったらチョッとビビリますね、
読み間違いのガセネタであって欲しい所です。



c0189724_18102144.jpg

はい、お次はライト。


この三角形のライトね~、
トピークとかからも出てたよね~、

うん、あるある。

ってライトで無く。

c0189724_18118100.jpg
セラロイヤルのグリップ「Mano」と申します。
試しに握った感じはとても良かったです、
いや、これは結構スゴイかもしれません。


ただこの地味な見た目が・・・、
日本で受け入れられるか否か?

まぁモノは良いけど地味過ぎる、
それでは不味いからと生まれたのが、
合同ブランド「フィジーク」でありますから、
本家セラロイヤルはコレで良いのです。

と、今日も長くなったので此処まで、それではまた明日~。
by kaleidocycle | 2014-09-17 20:21 | 駄情報
<< 2015見聞録 その4。 ちと行って来ます。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧