井戸端監視カメラ



父さんのお仕事。

c0189724_13406100.jpg

毎朝6時頃に起き出し、
見事なローリングを披露する息子様5ヶ月。

転がる度に投げ掛ける視線を振り払い、
走りに出るワタクシ個人事業主37歳。


「父さん・・・走る事も仕事なんだよ」
と言い訳じみた、というか純粋な言い訳を残して。

c0189724_13394128.jpg
通常その言い訳のロジックとしては、
「自転車屋が自転車乗らんで何が分かる」
という話で押し通しているのですが。

時に本当に仕事な事もありまして。


本日跨るはSurlyのストラグラー
お客様から御注文頂いた一台なのですが、
完成報告後、飛んで来た指示は・・・。

「新品好きじゃないから暫く乗っといて」

ど・ど・ど・どゆ事?
と聞き返すのは当然だと思うのですが、説明されてなるほど納得。
c0189724_13402432.jpg

お客さん曰く、新車の馴染んでない感じが好きでない、
なので馴染んで適切に動く辺りまで、
乗って慣らしといてよ、との事。

確かにね~、新車ってチェーンとかゴリゴリするし、
シマノの油圧ホースでスカ引いたら、
暫く乗った後ホイ交換、とかありますし。


よし分かった、それなら遠慮なく乗らせて頂こう!
(フレームサイズ全然合って無いけど・・・まぁええわい)

c0189724_13413322.jpg

GoGo!ガッタガッタ!GoGo!ガッタガッタ!

ストラグラーというと皆様ご存知の通り、
クロスチェックのディスクバージョン。

昔乗ってたクロスチェックを思い出すなぁ~、
と乗りながら感じるかと思いきや・・・違う

ジオメトリが僅かに違うというのもあるけど、
この乗った印象の違いはフォークから来てそう。

c0189724_13404767.jpg


まぁそれ以上にタイヤの違いがデカいか。


700x43cのロックンロード、
なるほどなるほどコイツは良い。

クロスバイクを越えたエアボリュームは、
最早MTBのそれに非常に近く、
しなやかなサイドも相まって、
クッション性と安心感がとても高い。

面積やコンパウンドで喰うというよりも、
沢山並んだ背の高いブロックで喰う感じ、
なのに撚れて切れ込むとかも無いし。


オンロードの漕ぎに関しては驚く程軽い!とは言えぬまでも、
ブロックの高さから想像するよりも全然軽くてスイスイ走れる。
近似サイズであるファイヤクロス45cの異常な漕ぎの重さと比べると、
純粋に漕ぎが軽い!と絶賛してしまえる程に。

そう、自分がクロスチェックに乗っていた頃は、こんな良いタイヤは無かった・・・。
c0189724_13412356.jpg


c0189724_13414149.jpg

人様の自転車ゆえ、こかしてはならぬ、
絶対に、絶対に、絶対に、絶対に・・・。

と、慎重に走るが為にペースはスロー。
しかしいつもMTBで走るルートを、
ゆっくり慎重に走るのが存外に面白い。


ガレもヨッホッハッと結構いけちゃうのは、
やはりディスクの安定した制動力の恩恵か。

c0189724_13415174.jpg
普通に考えて「慣らし」ってんなら、
加茂川の河川敷でも走ってりゃ良い。

でもストラグラーの守備範囲は、
そんなレベルに収まる訳など無く、
林道、トレイルは勿論、
雨の日の険しい峠越えなども、
ストラグラーが光るシーンだろうから。

そのシチュエーションで走ってこそ「慣らし」足り得るのでは、と。
つー事は・・・雨の芹尾峠も行かねばならんのでしょうな。


雨が降るいつかの日、見事なローリングで此方を見た息子様が、
瞳の奥で「こんな雨の日にどこ行くのん?」と訴えたとしたなら。
きっとこう返すでしょう「父さん、仕事なんだよ」

でも明日は定休日なので息子様の御喰い初めをして過ごします。
by kaleidocycle | 2014-08-29 17:27 | 無駄
<< 9月の営業予定。 拾い行かん。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧