井戸端監視カメラ



聞きしに勝る。

c0189724_1253626.jpg

深夜1時にお師匠様を迎えに行き、
そのまま高速道路に乗って一路東へ。

生まれて始めて「新東名」を走り、
その楽さ加減にうっとりしてると、
空が白み始め、目的地はもうそこに。 

c0189724_12531976.jpg


来たどー!

という事でやって来ました、
富士山麓御殿場にある、
陸上自衛隊東富士演習場。

天気も良く正に総合火力演習日和。


しかし広い・・・。
広過ぎて距離感が全く掴めん。

ドンッ!
な・な・な・な・何?

c0189724_1254407.jpg
演習開始までまだ3時間以上あるのに、
とてつもない爆発音が響く。

入場の列に並びつつ隙間から覘くと、
どうやら試射をしておる模様。
ドンッ!

凄まじい音です、噂には聞いていたモノの此処までとは・・・。
来る来ると分かって構えていても「ビクッ!」としてしまいます。
c0189724_13373587.jpg



そして凄まじい人の数です、噂には聞いていたモノの此処までとは・・・。
遠くの方まで人人人人人人人人人人。

ラーメン屋など絶対に並びたくないし、
並ぶくらいならディズニーランドなど一生行かなくても良い。
そんな自分が人生で最も多くの人間を目にしたのは今に違いない。
c0189724_12562392.jpg

奥歯を噛み締めて人の列に並び、
開始を待つ事約3時間。

来た~!遂に来た~!

99式自走榴弾砲!
顔が良いよね~、この厳めしい顔が。

c0189724_12581298.jpg
迫力で言うなら203mm自走榴弾砲

子供に絶対的人気を誇るであろう、
この佇まい。

「この戦車のプラモ欲しい」と、
子供が言ったなら教えてあげましょう。
「戦車じゃないよ、自走砲だよ」と。

c0189724_12584527.jpg
戦車といえばコレコレ。
10式が注目を集める今にあっても、
スタイルだけなら負けていない74式

ドンッ!
自走砲と比べると音が馬鹿デカい。

こういった兵器と言うのは、当然日常触れ合う機会などある訳も無く、
ある種空想上の存在に近い感覚を持っていましたが、
いやはや、目の前にするとやっぱ・・・強烈ですなぁ。


c0189724_1258484.jpg

解説員として連れて来た、
お師匠様が双眼鏡と合体しています。

師匠!どうしました?
キャンギャルのパンチラですか?

「違いますよ!ヒューイですよ!」

c0189724_1259573.jpg

おぉ!UH-1が飛来して来ました!

地獄の黙示録に出て来るコイツが、
目の前に降りて来るのを見れるとは・・・。

パカパパ~ンパ~ン♪と、
ワルキューレの騎行が脳裏に流れます。

c0189724_12592378.jpg
しかしその着陸と共に出て来たのは。

パカパパ~ン!
と、斥候用バイクが飛び出す。

その事自体にも驚きましたが、
車種がKLXに変わっているのも驚き。

c0189724_1303329.jpg
そしてその斥候に続いて、
兵員輸送ヘリ「CH-47チヌーク」が。

近年はオスプレイに取って代わられる、
そんな比較対象としてよく目にする、
可哀そうなチヌークですが、
その存在感、造形美はまだまだ現役。

c0189724_13223100.jpg

此処数年、総合火力演習の目玉と言えば、
やはり10式戦車に止めを刺す訳ですが。

動く兵器を始めて目にする自分としては、
何だかもうドレもコレもに目を奪われて、
10式を特別視は出来なんだですよ。

c0189724_1324350.jpg
そんなこんなな総合火力演習も、
前段後段計2時間少々で終り、
「せっかく関東の方来たんだから」
という事で東京まで足を伸ばす。


東京にね、良い店があるんですよ、
スピットファイアのプラモの在庫が豊富な。

因みに店の名前は「ワークショップモンキー」さん。

c0189724_133426.jpg

更にモンキーさんからも程近い、
Sunrisecycles」へ突撃。

彼の息子への土産として、
自衛隊仕様のキューピーを渡し、
滞在時間約10分で、即帰路へ。

c0189724_1331588.jpg
兵器保有の良いの悪いのとか、
国防軍という名称についてだとか、
そんな事ぁ分かりません、考えた事も無い。

ただ実際に生まれて始めて見たそれは、
間違い無く兵器であった事は少なからぬ衝撃で、
何と言うか・・・己はその庇護下にあるという、
現実をもう少し見つめる必要性を感じました。


そんなこんなで往復約1,100km程、
延々運転し続け、丁度24時間で帰宅完了。

今確実なのは「やっぱ乗り物が好き」それだけというのがなさけなくもある。
by kaleidocycle | 2014-08-23 20:04 | 無駄
<< キー・イン・ザ・UK。 あって良かった、その日の為に。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧