井戸端監視カメラ



地味ながら。

c0189724_1938417.jpg
熱気吹き荒れた祭の後の、
片付けのゴールが見えて来ました。

催事期間中には倉庫に仕舞われていた、
平常並んでいるはずの商品を元に戻し、
ついでに雑巾掛けしたりゴミ放ったりで、
何だかんだで丸2日がかり・・・。

c0189724_19382113.jpg
さぁさ日常へ帰ってきたでや!

という事でご紹介してみるのは、
此方のボトルケージ&ツールケース。

・King-cage Kargo-cage


「暑くて暑くてダブルボトル必須だけど、
 ツールケースも常備していたい」
そんな夏真っ盛りの今にはコレでしょう。


「こんなん知ってまっせ~」というアナタ!
よくよく見ると以前のモノと少~し・・・、
違ってるのが分かります?

c0189724_1939251.jpg

以前のモノはツールケースホルダーに、
ケージを取り付ける、という形式でした。

が、進化した此奴はケージまでが一体化。
コレにより軽量化・・・かは知りませんが、
バッグの着脱がし易くなりましたよ、っと。

c0189724_19391191.jpg

あと変更点では無いのですが、
一部の人に誤解されている、
ツールケースの固定方法。

ケースをホルダーに差し込んで、
ハイ終了、ってな事では無いんですよ?


チャンと2箇所のスナップで固定するので、
走行中にポーンと飛んで行く、という心配は無用。

c0189724_19393184.jpg
そんなカーゴケージには、
ロード用とMTB用の2種類が存在します。
ロード用 ¥6,000(税別)
MTB用 ¥6,600(税別)


ただツールケースのサイズが違うだけで、
ベースのケージ自体は同じモノ。

当然ロード用の方が小さい訳ですが、
ロード用にでもMTBチューブは入ります。
「チューブしか」入らないんですけど・・・。

まぁしかし、クールにシステマチックに、ライド必需品を常備する為のモノですから、
其々のニーズに合わせてピシっとタイトに選んでやって下さい。


c0189724_19395479.jpg

あと夏休みにロングツーリング行く人や、
愛車にそもそもボトル台座が無い、
そんな人にはこの便利グッズ。

・SKS ボトルケージアダプター
 ¥800(税別)



c0189724_1941465.jpg
バックル付きベルトをキュッと捻る、
それだけの簡単着脱で、
車体の何処にでもボトル台座発現。

ベルトの裏にはゴムが加工され、
固定力はかなりしっかりしており、
500mlクラスのボトルであれば、
大体問題無く使えそうな印象。

c0189724_19402383.jpgc0189724_19404027.jpg

c0189724_19412195.jpg

またオレンジのボタンを押すと、
角度をカチカチと変える事が出来るので、
色々な場所&角度で取り付け可能。

シートチューブ、ダウンチューブは勿論、
シートポスト後やトップチューブの上や、
アドベンチャー風にフォークってのも。

c0189724_19413211.jpg
自分のダボなしの固定ギアで使っており、
ボトルを装着する事もあれば、
輪行袋を突っ込むのに使ったりと、
一つ有るだけで何なと使えて便利です。

こんなモン、よく¥800で出せるなぁ、
と、感心してしまいますが、
それがドイツ製だと知るにつけ・・・驚愕。

まぁ何処製だろうが如何でも良いです。
ただ使って便利で、それによりサイクリングが快適になるなら良くて、
さらにそれがスマートであるなら言う事無し!って事で。

え~、そんなこんなで本日は以上。明日は安らぎの定休日です。
by kaleidocycle | 2014-07-29 20:34 | 商品
<< 選択の自由。 エンドロール。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧