井戸端監視カメラ



さらば哲学的鞄。

夜に呑みながらTVでツールを見て盛り上がり、
朝から「うぉぉぉ~マルティンの生霊よ乗り移れ~!」とせっせと走る、
そんな方も居たり居なかったりナンジャモンジャですが。
c0189724_18341110.jpg


「自転車に乗る」という事意外、
ツール選手と共通項など存在しない、
そんな農耕民族のワタクシは、
インナーローを多用しながら、
湿気の海を泳いでおりました。

c0189724_18123860.jpg

まぁしかしこの湿度の高さと言うのは、
筆舌に尽くし難いモノで御座いまして、
「湿度=不快度指数=約100%」
という公式が成立いたします。


ただ一旦諦めの境地に浸れたなら、
肌撫ぜる湿気も、垂れ続ける汗も、
一緒くたに混じり始め、
何かもうどうでもよくなって来たりも。

c0189724_18322716.jpg
自転車に乗る事の目的は、
そのまま「乗る事」でありますので、
行き先もルートも何も考えず、
ただブラブラと走りに出たのですが。

「これ程の湿気となると・・・、
 霧の町・亀岡は真っ白なんじゃなかろうか?」
と想像するに至り、亀岡に向け林道進入。

こういう時に33cのタイヤが光るぜ。

で、ガタガタ揺られながら亀岡に辿り着くも、そこにはただ小雨が降る町があるだけで、
霧などどこにも見当たらなかった・・・。
が!キキキキ・キヌガサダケ~っ!
c0189724_18334149.jpg


図鑑とかテレビとかでなら何度も見た「成長速度がメチャメチャ早い」という此奴、
生まれて始めて生えている現物を見ました、フワ~!



c0189724_18365828.jpg
と、そんな出会いに打ち震える事があると同時に、
一つの別れもまたありまして。

ワタクシも愛用するフィロソフィーバッグが、
国内扱い終了となる、そんな連絡がありました。


見た目も手触りも優しい、
コットン&レザーで構成された、
他に代わるモノの無い高品質パニアが、
もう手に入らなくなるのか、と思うと・・・(涙)

c0189724_18443243.jpg
実用一辺倒な製品が殆ど、
そんなパニアの世界にあって、
手作り感を機能性を、
非常に高い次元で叶えた此奴。

マウントを支えるベースプレートが、
何故か木のモノサシであるとか、
こんな可愛げ他に見た事ない。

c0189724_18444725.jpg

そんな可愛げだけでなく。

キャリアへのマウントには、使い勝手・耐久性共に、
恐らく現在最高のシステムであるリクセンカウル製。


パイプ径を問う事無くワンタッチで取り付け可能で、
ガタが出る心配も無用のこのシステムを選ぶあたり、
フィロソフィーバッグの目指す所が透けて見えます。

c0189724_18465162.jpg

内容物を確認し易く、
降車時に持っていても自然な、
都市型生活に向けた横型パニア。

・InTrans ¥26,000



c0189724_18421168.jpgc0189724_18422545.jpg



c0189724_18425527.jpg

踵とのクリアランスを広げつつ、
重心を下げて安定性を増す、
よりツーリング然とした縦型パニア。

・Bernside ¥26,000 




c0189724_18431276.jpgc0189724_18432551.jpg




モーターサイクルでも良い感じで使える、実に稀有なパニアで御座いました・・・。
c0189724_20243529.jpg


店頭在庫のみは消費税サービスでご提案致しますので、
頭の隅にフィロソフィーバッグが引っ掛かっている方はDon’t miss it。
by kaleidocycle | 2014-07-14 20:29 | 商品
<< 潮流。 忘れられない夏。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧