井戸端監視カメラ



赤パン・オン・ザ・スリル。

c0189724_15321984.jpg

新たなる巣への移住も9割方が済み、
テリトリーをキョロキョロ見回す余裕も出て来た、
そんなカライドサイクルです。


住まいが変わると走る場所も変わる。

というか朝の1時間や2時間で纏めるとなると、
どんなルートが効率的に楽しめるのか?
そんな事も徐々に検証して行かねばなりません。

c0189724_15322745.jpg
しかし未だゴミ放りに行ったり、
日曜大工センターへ行ったりと、
朝から引越し後処理に追われる毎日。


あ~っ!
こんな狭い道ばかり走ってんと、
パーっと山向こうへ走りに行きてぇ~!




c0189724_1533778.jpg

そんな停滞した気分を吹き飛ばすべく、
こんな刺激的なのが仕上がって来ました。

・CCP ホボレーパン-SPL ¥17,000(税別)


赤・・・赤いズボンって履いた事あります?
冷静に考えれば赤いズボン履いてる人って、
あんまり見た事無い様な気がします。


c0189724_15332048.jpgc0189724_15333374.jpg



c0189724_15365376.jpg
「ズボン然とした外観を保ちながらも、
 限り無くレーパンに近い漕ぎ心地を」

というコンセプトで作られた、
ホボレーパンの第3世代モデル。


前屈姿勢時に背中が出難くい、
超ハイウエスト仕様の後背面や、
ベルト無しでも腰ズレがおき難い、
テンション高めの腰周り&Wボタンなど、
走り込んだ末のニーズを具現化。
(ベルトループは御洒落ベルト用っすな)

c0189724_1537370.jpgc0189724_15371489.jpg


実際に購入して頂いた方からは絶賛を頂く事も多く、
2枚目をご用命頂く事もしばしばな此方。

しかし、色が・・・地味なんですよね・・・。
一枚だけなら地味でも良いけど、地味さは守りであると同時に逃げでもある。
c0189724_15362079.jpg

使い勝手よく丁度良いだけなんてのは、
大手ブランドさんに任せておけば良くって、
ドメスティックブランドであるCCPがやるべきは、
CCPでしか出せない「スタイル」の提案じゃないか!

と、勝手に吠えてみた結果、
「口を出すなら言い出しっぺから」という摂理に基づき、
「ホボレーパン」の命名者であるワタクシ自ら、
フィット感&摩擦感&色味を考慮し選んで、
今回の空井戸SPLである「赤パン」が誕生。

c0189724_1534540.jpg
は定番で間違い無い選択なんですけど、
気を抜いてるとモノトーンばっかりになっちゃう。

それはそれで悪くは無いんですが、
自転車漕ぐ事はスポーツだ!と捉えるなら、
もっと気分的に飛ばして行っても良いんじゃないかと。


例えばワタクシ愛用のムンクジャージ、
コイツを黒のパンツで着るとな~んかピシッとしない。

けど赤パンなら!如何でしょう?結構普通でしょ?

c0189724_15342444.jpg

今は亡き革命系地下組織、
「チビクレティスモ・デ・ラ・アナルキア」
のオフィシャルジャージ。


コイツは本来ビブショーツとのセットアップですが、
セットアップで全身バチバチに決めるのもあり、
そして赤パンと合わせて少しトーンを落とすのも?

意外とええ感じではないでしょうか。

c0189724_15345390.jpg
サイクリングポロと合わせて、
リラックスを装いながらも、
実はガチガチに漕げてしまう、とか。


わけの分からん言葉を羅列して来ましたが、
気がつけばこの赤パンが普通に見えませんか?

そう、あくまで個人的な観点ですが、
赤パンは「ありえない」様に見えて、
ホボレーパンのキャラとしては、
実は結構ありなんじゃないかな、と。

赤いズボンを履くってのはチョイと勇気がいるかもしれません。
そう、それはスリルを伴う選択でありましょう。

しかしそれを越えて向こう側を覘いてみようというアナタ、
Mサイズ3枚&Lサイズ3枚の合計6枚作った内の1枚をお手元に是非。
by kaleidocycle | 2014-06-27 20:52 | 商品
<< ランナー・フェンダー。 週休二日島太郎。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧