井戸端監視カメラ



手巻き。

皆さん、サドルバッグはどの様なモノをお使いですか?
自分は基本的にオルトリーブ製品を愛用してます。
c0189724_1642361.jpg

歴代各車両のサドルには、
オルトリーブのマウントが装着され、
大きなバッグから小さなバッグまで、
必要に応じてガチャコンガチャコンと、
着けたり外したりああ便利ってなモンで。

それなりに気分よく過ごしていたのですが。

c0189724_16424976.jpg
セラアナトミカなどの様な、
レール形状が特殊な物には、
このマウントが上手く着かない、であるとか。

ISP仕様のロードにつけると、
妙な具合に擦れ傷が入るので、
チョッとやだなぁ、と腰が退けたりとか。


近年愛車ラインナップ中に増えて来た、
サドルバッグ・マイノリティな組み合わせに、
少々モヤモヤしていたりもしました。

そんな中でしたから、突如現れたコイツにガブっと喰い付いたのは必然。
・Straw-Foot Road-Wrap ¥5,500(税別)
c0189724_16431338.jpg


c0189724_16433565.jpg

「超」という文字が一つでは足りない位、
つまり「超々」と言える程にシンプルな構造の、
巻き込み式サドルバッグでありまして、
容量も必要最小限といった感じ。


しかし、例えば巻き込み最芯部に近い箇所には、
2つのポケットが用意されていて、
お金とパッチとを分けて保管可能であったりと、
「お!」という創意工夫が籠められております。

c0189724_16434528.jpgc0189724_16441199.jpgc0189724_16442310.jpg

c0189724_16444250.jpg
使い方は超々簡単。

まず入れるモノをラップの真ん中に寄せて、
左右を織り込み、クルクル巻く。
コレにて準備完了。

c0189724_1645261.jpg

そしてシートレールに括り付けると・・・、
ホラ!ええ感じ!


マウントも何も要らず、
ただシートレールにしがみついているだけなので、
サドルバッグ・マイノリティなサドルでも、
単純明快、美しくフィットするのです。

c0189724_16455093.jpgc0189724_16455984.jpg



c0189724_16451979.jpg
サドルへの取り付けも、
単にベルトで巻いているだけでは無く、
一摘みの工夫があるお陰で、
スイのスイのキュッのビシッ!と固定。

またバラけぬ様に打ち込まれたベルトは、
カシマックス製のレザーベルトで、
ステンバックルなので錆の心配も無し。

c0189724_16462021.jpg


ん~・・・良い!良いでないかい!
c0189724_16464064.jpg

雨天時には泥水に晒されるサドル下。

そこに鎮座するからには、
素材もロウびきの帆布で、
一応の防水性はあるにはある。

けれどコイツは泥に塗れて、
何度も何度もクシャクシャにされて、
革のストラップと共にボロくなっていく、
そんな風景が寧ろ待ち遠しい。

と、こんなストローフットのロードラップ、色はオレンジ・グレー・ブラウンの3色。
後日記:オレンジ&グレー完売! ブラウンのみ在庫あり!


便利過ぎなくて良い、素敵であって欲しい、そんなアナタに。




因みに説明書にはこうある訳ですよ。
「ロードチューブを前提としているのでMTBチューブは入りません」
c0189724_1647566.jpg
・・・・・・ふ~ん。

入らぬと言われれば?
入れたくなるのが人の道!

と言う事でMTBチューブの王様、
ファットバイク用の26x4.0チューブを、
巻いて巻いて巻いて~。

c0189724_1647151.jpg

はい!巻き込めた!

うん、相当無理矢理感ありますが、
一応ファット用チューブが入りました。


ただまぁ・・・チューブ一本しか入らんので、
やはり「ロードラップ」なので御座いましょうな。

容量の参考にしてみて下さいませ!
by kaleidocycle | 2014-06-16 19:34 | 商品
<< 成長待望論。 それる力。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧