井戸端監視カメラ



それる力。

c0189724_160128.jpg

何しに何処へ行くでも無く。

午前の時間をゆらり過ごすべく、
当所ないサイクリングへと漕ぎ出す。


跨るはEBS・Hobo

c0189724_1602522.jpg

33.3cを履かせた足回りにキレなどある訳も無く、
代わりにあるのは只管にマイルドな走行感。


路面状況、勾配の緩急、風の強さ、
そんな情報の角は全て丸められ、
春の日向でまどろむが如き気分に浸り、
何しに何処へ行くでも無く、ただ漕ぐ。

しかししかししかし。

c0189724_1612172.jpg
「何処行くでも無く」っつっても、
自転車は移動道具なんだから、
やっぱ「何処を通って何処へ行く」という、
目的というかお題が無い事にゃ、
どうにもピシャっとせんですわな。


でも午前中の限られた時間内に楽しめる、
走って爽快なルートなんてのは、
バリエーションに限界があるし、
時にマンネリを感じちゃうだわよね・・・。

c0189724_1613811.jpg

そうよ、アタイは自転車にロマンの影を見るのよさ。

同じ道を毎日走って「トレーニング」なんて言える程、
精神力も無ければ、なりたい自分も無いだわよ。


と、オカマちゃんモードに入りながら、
曲がるべきで無い辻を曲がって砂利道の峠へと、
何かに吸い寄せられる様に突入。

c0189724_1615075.jpg
フォッフォッフォッフォッ!

そうそう、この旧道、というか廃道、
と言うか昔の人が通っていた道!
来てなかったよね~、ここ数年。


どうみてもMTBの道、
というかトレッキングの道だけれど、
意外と走れてしまう33.3cマジック。

ドッタンバッタンガッチャン、セイッ!セイッ!
c0189724_162495.jpg



c0189724_1621820.jpg
ハンドルとの格闘に夢中になった後、
フと冷静になり考える。
「俺はこんな所でなにをしているのだろうか?」


己が意味分からんのなら、人様から見ればなおの事。

しかし分からないという事が「無」ではない通り、
けっして無意味な行動ではなく、
ただボンヤリと姿の見えぬ何かに心惹かれるけど、
その正体は把握しきれていないだけ。

いやぁ~、サイクリングの正体って何なんでしょうねぇ?

と、投げっ放した所で明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2014-06-14 22:52 | 無駄
<< 手巻き。 オンリーチャンス。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧