井戸端監視カメラ



クレバーチョイス。

c0189724_16414478.jpg
降るや降らんやの小雨パラパラ降り続く、
実に自転車に適さぬ梅雨時期に突入。

己の体が濡れるのは我慢できるけど、
走れば走る程に自転車が傷むってのは、
精神的にズシっと重く圧し掛かります。


こんな時期には固定ギア
足でコントロールしている限りは、
リムが黒水生み出す事も無いですし、
浸水トラブル心配するほど部品点数無いし。



そう、雨の時期には固定ギアがとても調子良い。
ディスクブレークの自転車も中々によろしい。
c0189724_1642588.jpg

って走る為だけならそんな話にもなりますが、
日常生活の中で自転車で出かけるとなると、
乗り手本人を雨から守る対策こそがより重要。

そんな事を切に感じている人が多いのでしょうか?
ここの所クレバーフードの問い合わせが急増中。


・クレバーフード ¥32,000(税別)




純粋に雨天下サイクリングを楽しむのであれば、上下2ピースのレインウェアが最適。
c0189724_198215.jpg

しかしパッと街中を移動するという状況であれば、
話はチョッと変わって来まして。

一枚羽織るだけで上半身は勿論、
膝辺りまでを一気に覆うポンチョはやはり便利。


2ピースと違い中を風が通るので、
蒸れ難いというのも大きなメリットですし、
必要に応じてパッと着てパッと脱げる。

c0189724_16424916.jpg
そんなポンチョ、とてもシンプルな存在ですが、
クレバーフードは一煮詰めも二煮詰めもして、
スタイリング・使い勝手・質感と、
他のポンチョと一線を画す仕上がりに。


被りの深いフードと長めのツバは眼鏡が濡れ難く、
振り返っての後方確認もし易い上、
被った際のラインがとても美しいし。

マグネットで自動開閉するアームホールは、
「なるほど」と言わす便利アイデア。

c0189724_16431532.jpg

柄にも種類があり・・・と言いたいけれど、
柄では無く正しくは「生地」

其々の生地は質感が全く違い、
自分の使っているコーデュロイ(上)は、
撥水性が低く分厚く重い(約750g)ので、
どちらかと言うと秋冬での使用前提。

それに対しクレバーフードのイメージモデルである「エレクトリックハウンドトゥース(下)」は、
ザラっとした質感のナイロン系素材で、生地自体の撥水性も高く重量も軽め(約600g)。

真ん中の「TFグリーン」は一番あっさりしており、薄く軽く(約450g)、
着用した際の印象の洒落感も恐らく一番っぽいですな。
c0189724_16432454.jpg

生地自体の撥水性の違いはあれど、
裏には透湿メンブレンが張られているので、
どのモデルでも浸水の心配はあまり無いかと。

ただ濡れたモノは乾かさねばカビますので、
そういう意味で撥水性が高い方が良いですし。

また降るや降らぬやの警戒が必要な今の時期、
携帯性もまた重要であるが故に、
梅雨対策としてクレバーフードをご用命頂く際は、
千鳥かグリーンをお薦めしますよ、っと!
by kaleidocycle | 2014-06-06 19:57 | 商品
<< 2.75 → 27.5。 イチトリ、ニトリ、サントリー。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧