井戸端監視カメラ



護れ!護って護って護りまくれ!

c0189724_1333531.jpg
人生初の赤子との暮らしが始まりました。

「夜泣き」という魔のキーワードに恐れをなし、
戦々恐々で迎えた夜でしたが、
肩透かし喰らう程におとなしくホッと一息。


けど2~3時間毎に起きる赤子の生態の為、
睡眠の時間と質は確実に劣化。

しかし!それを理由に乗らんというのは愚の骨頂!
と、重い瞼に鞭打ち朝から山へと逃避行。

c0189724_1334575.jpg

仕事をして、自転車に乗って、
家と店を管理して、趣味を充実させて、
と、今まででも手一杯だった所に、
更に押し込む赤子の人生。

大好きな睡眠時間を始めとし、
何かを削って行かねばなりません。

そう!父さんには護るべきモノがあるのです!

c0189724_2192125.jpg

家庭を護るついでに自転車も護ってやりましょうか、
という事で紹介してみるのが。

・Crops マイティーガード ¥2,900(税別)


「ついでて何やねん」という話ですが、
ほとんど街中に出る事のない自分にとって、
鍵の重要性は非常に低く、滅多に施錠しません。

しかしふと本屋に立ち寄り1~2時間吟味しよう、そんな時に鍵が無いと気もそぞろで、
じっくり本屋に溺れる事など叶わんですからなるべく小さな鍵を一つ常に持っているのです。
c0189724_21155098.jpg

頑丈な鍵は素晴らしいモンですが、
必要な時に無ければ何の意味も無い。


なので常時持ってて邪魔にならず、
パッと使える携帯性というのは、
ある意味では防犯能力でもあるのです。

c0189724_2110414.jpg

ただ携帯性が如何によくとも、
「ロック本体は持っているのに、
 鍵が・・・開錠する鍵が無い・・・」

という事態に陥る事もあったりなかったり。

そんな時にはダイアル式が有り難い。

c0189724_21101248.jpg
でもダイアル式って番号知らなくても、
手応えで開錠出来るモノもあるし・・・。

そう、その辺の具合が、
ダイアル式を選ぶ際の重要ポイント!

で、マイティーガードはどうかという事で、
感触を頼りに開錠試みるも・・・難しい。
つまり合格ライン突破製品

c0189724_21111749.jpg

まずはダイアルを任意の数字に決めてセット。

その開錠番号にダイアルを合わせて、
側部のボタンを押せば、
U字型のフックがスポンと抜けます。


こんなモノで自転車が護られるのか?
と少々不安になる程に細いフックですが、
この細さはチェーンのコマに通す為の細さ。

c0189724_21121137.jpg

なので、フックをスポークに通した後、
チェーンのコマを通して施錠すると!

自転車を前に動かそうが後に動かそうが、
ガッチャンガッチャンなるだけで、
引き摺って行くのさえも邪魔臭い。


ホラ、もう動かす気にもならんでしょ?

c0189724_2116145.jpg
このマイティーガードには本体だけでなく、
径4mm x 1,800mmのワイヤーも付属

両端が輪になったダブルループワイヤですので、
前後ホイルとフレームを通した上で、
チェーンまでをロックしてしまう事も出来ますし、
数台纏めてロックしてしまう事もまた。


個人的には本体単品がとても魅力的ですが、
時と場合によって使い分けも出来るという事です。

c0189724_21123417.jpg

その本体の後背部には、
クロップスのライトなどで御馴染みの、
マウント用フックが発見できます。


ロックってカバンの中や、
ズボンのポケットの中に入れると、
微妙に邪魔だよね~ってな時には。

c0189724_21124540.jpg

ズボンポケットのフチや、ベルト、
はたまたバッグの端などに、
引っ掛けて携帯する事が出来ます。


なので、パッと取り出し、パッと施錠、
そんなクイックネスがロックの持つ邪魔臭さを、
最小限に抑えてくれているのでは?と。

c0189724_21125959.jpg

「鍵をどう携帯するかって?
 自転車に着けとけばええやない。」

そんな合理的精神も素晴らしいのですが、
シートポストとかハンドルとかに、
ガチャガチャ着いていると、
傷も行くし見た目もスマートじゃな~い。

c0189724_21133219.jpg

なので、車体に着けるなら着けるで。

クロップスのライトでも採用される、
付属のシリコンマウントを使えば、
この様に傷を入れずにスマートに取り付けられる。


強固な鍵など探せば天井知らずで出て来ますが、
それが自転車の盗難防止に繋がるか?と言うと、
平和な日本においてはあまり関係無かったりします。

それよりも携帯性がよく使い易い、という方が現実的抑止力に繋がると思うのですが、
そういった視点において「コレは!」と思える製品は案外少なかったりします。

ただその中で、今回のマイティーロックは文字の羅列からも分かる通り、
「コレは!」と思わせてくれる魅力を放っていると思うのですが、皆さん如何でしょう?
by kaleidocycle | 2014-05-22 16:39 | 商品
<< 組み換え。 未体験ゾーン。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧