井戸端監視カメラ



健康ダイエット。

c0189724_221351100.jpg

「熊を興奮させない為に、
 私達は何が出来るでしょう?」


答は簡単、近寄らない。


ナウシカを見て学んだ、
「怖くない怖くない、ね・・・?」
という方式も思い浮かびますが、
99%通じないので却下。

c0189724_2214020.jpg

しかし近寄るなと言われても、
山を自在に移動する熊ですから、
どこで出くわすかは運次第。

なのでもし出会ってしまった際には、
脱兎の如く逃げるべし。
その際役に立つのが極太タイヤ

c0189724_2214981.jpg

下りは鬼グリップで逃げ切れる・・・、
かどうかは知りませんが、
まぁ頑張るだけ頑張りたい。

しかし担ぐ際の重量感は如何ともし難く、
上りで出くわせば秒殺必至。

c0189724_2215649.jpg
って別に熊対策でMTB乗ってる訳じゃ無くて。

担ぎ以外は中々に最高な26+ですが、
担ぐと軽いとは言える訳もなく、
やっぱ普通に・・・チョッと・・・重い。

なので、今朝は京都市内近辺で、
最も担ぎが辛い峠へ挑戦状を叩きつけ、
「行ける!此処を担ぎ切れれば何処でもOK!」
と一応クリアはして来たのですが。

この走りでもっと軽けりゃ良いのになぁ~と。

思ったが吉日、軽量化決行。

ポイントはずばりチューブ
たかがチューブ、されど侮る事無かれ。
取り合えず嵌めたTIOGAのチューブは、厚さ1.5mmの極厚チューブなのですが、
重量計って愕然としましたよ・・・。
c0189724_22151767.jpg
なんと一本で480g!
もはやちょっとしたタイヤ並み。


コラだちかんぞ、という事で、
コンチネンタルのFRチューブに変更。
幅がチョイと細くなるけど此方で270g

270gのチューブってのもたいがいですが、
それでも前後チューブをコイツに変えるだけで一気に420gも軽量化!
軽量化というには荒過ぎる展開ですが、12kg台に戻って来れたのでよし。
c0189724_22153685.jpg


420g軽くなったと言っても、担ぎでは気持ち軽くなっただけでしょう。
しかし回転外周部がこれだけ軽くなると、ハンドリングもグッとよくなるはず。

無理なダイエットなんてしたくもさせたくも無いけれど、
健康的に動ける様に絞るのは大事だっちゃね!
by kaleidocycle | 2014-04-17 23:01 | 駄情報
<< グッと来る力。 スモール欲望。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧