井戸端監視カメラ



己よければ全てよし。

c0189724_16332211.jpg

今朝も今朝とて「26+」を転がしに。

第一印象ってのは勿論大事ですが、
一歩退いて冷静に見る必要もある訳で、
走り慣れたいつもの山へ連れ出しました。


Maxxisのイグナイターっぽくも見えますが、
違います、SurlyのDirtWizardです。

c0189724_16334430.jpg
京都市内に住まうMTB愛好家なら、
皆知っているであろうこのガレ場

そう、あの嫌~な所ですよ。
此処で是非試したい、と思い、
突撃した今回ですが、その結果は。

Yes!怖くな~い。

c0189724_1634699.jpg
頭の中で「此処は滑る」とか、「此処は流れる」とか、
そういった経験に基づく警報が発令されるのですが、
その8割くらいは誤報にしてしまう圧倒的グリップ

上り返しも「トラクション抜けぬ様注意して」とか、
そういう繊細な話は無かった事になり、
フンッフンッ!と漕げばモリモリ上る。


まるで自分が上手くなった様に感じさせる、
恐ろしい自在感であります。
ただ逆に言うと・・・コレ、確実に下手になりますね。

パグスレーなどの4インチ幅タイヤのファットバイクになると、
それはそれで独特の乗り方が必要となって来ますし、
クランパスの29+は、その巨大なホイルを振り回す必要がある為、
やはり独特の乗り方が必要になって来ると感じているのですが。

26+はそれほどクセが強くないので、ただ普通に乗るだけ。
修行感ではなく遊具感、安全に楽しくトレイルを駆け抜けられる。
そういう意味においては現代の5インチフルサスと同じ方向かも。
c0189724_1634135.jpg

いや、勿論フルサスってのは、
走行性能を追求した結果の形で、
そこで生まれた余裕を使い、
より高度な走りを可能とする、
そんなモノであるとは思います。


けど、政治家の先生に、
「一番じゃなきゃダメなんですか?」
と聞かれたとしたら、
「別に・・・」と答えてしまうであろう、
自分の様な人間にとっては、
フルサスの与えてくれる余裕は、
安全安心の為の力になるのですよ。

だから何だっつーんだ?てな話ですが、要するに26+は、
ハードテールとフルサスの中間っぽい存在だな、という事です。
c0189724_16342023.jpg

「じゃぁファットバイクは?」
ファットはあなたファットですよ、
あれは何とも似てませんわ。

でも次のシーズンには「某サス大手社」から、
ファット用のサスが出るとか出ないとか聞きますし、
それを使ったフルサスファットも出るという事で、
一体世の中は如何なってしまうのだろうか?

別に如何もなりませんけどね。

次回は「忘れた頃にインター5がやって来た」の巻です。
それでは皆さんごきげんよう。
by kaleidocycle | 2014-04-03 22:49 | 駄情報
<< 注意喚起。 出陣。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧