井戸端監視カメラ



目指せ別嬪。

c0189724_2165624.jpg
化膿している足の親指を保護すべく、
サンダルデビュー in 2014シーズン。

真冬の寒さ、となると厳しいモンがありますが、
タイミングよく気温も上がり、
特に苦も無く過ごせる時期になっていたり。


このまま春になり、丁度良い気候を堪能する間も無く、
汗垂れ流して暑さを呪う時期が来るのでしょうか・・・。
恐ろしい。

c0189724_2171585.jpg
自転車における汗ってのは、
結構邪魔なモンでございまして。

塩気で皮膚がピリピリするのは勿論、
顎から滴り落ち行く汗は、
自転車を思わぬ形で錆びさせます。

この数年酷使されたホワイトのクランクも、
ご覧の様に汗で妙な感じにくすんじゃって。

アルミを鏡面ポリッシュしたまま何の処理もしていないコイツですから、
垂れた汗を放っておくとアっと言う間に錆びてしまいます。
c0189724_2172528.jpg

チョコチョコ磨けば輝きを保てるモノの、
一度錆が進んでしまうと、
手磨きでは中々取り返せんです。

まぁ磨かないのは個人の勝手ですが、
オーバーホール作業を終えたのに、
クランクがコレだと何だか達成感に欠ける。

あ~!輝かせた~い!という事で電気の力を借りてみる。
c0189724_2174121.jpg

自転車屋の必須工具「グラインダー」に、
バフを取り付け研磨剤を塗りこんだなら、
錆びたクランクにそっと当てるだけ。

するとモノの2~3分でご覧の通り!


って左が磨いた分、右が施工前ですけど・・・、
写真で見るとあんまり違い分からんですね。

c0189724_2175079.jpg
気になる人は気になるけど、
気にしなければ差が分からん、
そんな些細なレベルの事なのでしょう。

故に毎日乗っていると多少の錆も、
「こんなモンで当たり前」になるのかと。

何か「なるほどな~」って感じ。

でもやっぱホワイトのクランクはペッカペカ!の方がイカしていると思います。

どれだけくすんでいても磨けばまた元の輝きを取り戻し、
「ウチの女房はこんなにベッピンだったか・・・」と惚れ直すはず。

機械的作業は勿論、こんなのもまた「オーバーホール」なのかもね。
by kaleidocycle | 2014-02-26 22:14 | 無駄
<< 何事も無く。 スターラスター。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧