井戸端監視カメラ



トキメキ・イズコ。

c0189724_19293563.jpg
雪が降ると何故か早く目が覚める。
コレは一体如何なる作用によるモノぞ?

と考える間もなく出撃。

灰色に霞む遠くから、
染みの様に湧き出て来るのは鳥の群れ。
飛んでる鳥にも雪が積もるのか?

c0189724_19305690.jpg
何せこのボタボタの湿った雪ですからね、
走っているだけで自転車の前面は雪塗れ。

ならば鳥の羽にも雪は積もろう、というのは、
動物の能力をなめた人間の考えでしょうか。


タフな野生はこんな雪などモノともしないはず。
いや、少しは「う~ん、邪魔っけ!」と思うのか?

そこん所どうなんでしょう、
ねぇ、雪の上で寝そべっている秋田犬さんよ。

c0189724_19313963.jpg
しかし京都市内にコレだけ降るのは、
いつ振りでしょうか。


「雪だ雪だ!」と喜び勇んで出て来たけれど、
いざトレールに飛び込んでみると・・・、
なんもオモロない。

一晩で積もったモコモコフワフワの雪ですから、
滑るって事は無いんですけど、
まぁ地面の状態・形状が全くわからん。

c0189724_19315537.jpg

目をこらして地面を見続けると、
真っ白な光で目が変になる。

そんな事は先刻お見通しよ!
ちゃんとアイウェア装備して来たぜ!

・・・曇って使いモンにならんけど。

c0189724_1932868.jpg
まぁしかしオモロイ・オモロないは別として、
雪降る山の中と言うのは非常に静かで、
時々枝に積もった雪が落ちる音が聞こえるのみ。

無音の中で腰を下ろして一服していると、
「嗚呼、冬なんだなぁ」としみじみ感じ入ります。


泥の上に薄っすら被る雪、
まるでガトーショコラの様ではありませんか。
バレンタインデーである本日ですから、
女子以外から貰ったチョコだと思いましょう。

c0189724_19322933.jpg
そんな雪の中を走っていると、
「こんな日に誰が店来るねん」
と、サボタージュ思想が頭を擡げます。

が、そんな日だからこそ、
のんびりホイルを組みまくるに丁度良い。

ジッと、黙々と組む。ウム、楽しい。

世間の人間全てに心拍計をつけたなら、
きっと一年で一番心拍数の平均値が高くなるであろうバレンタインデー。
しかしワタクシの心拍は残念ながら完全平常値、誕生日なのにもかかわらず。
c0189724_193345.jpgc0189724_19325566.jpg

家内から「誕生日に欲しいモンあるかい?」と聞かれて、
「工具が欲しい!もっともっと工具が欲しい!」
それしか思い浮かばない自分のトキメキは、一体何処に落として来たのでしょう?

明日は定休日ですので探しに行って来ようと思います。
by kaleidocycle | 2014-02-14 20:09 | 無駄
<< 化学反応。 ジミー・ザ・オトッツァン。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧