井戸端監視カメラ



猿連鎖。

前回に引き続き、今回も猿メニュー。
しかし猿は猿でも欧米猿、な「Surly カラテモンキー」
c0189724_1658419.jpg


フルリジッド&シングルスピードという徒手空拳で山と戦う、29er黎明期を支えた空手猿。
何とも言えぬ無骨な佇まいは、古武士の拳を彷彿とさせますな。

デビュー当事はまだまだ鉄製29erフレームの選択肢が少なく、
リアセンターを詰めるべくS字を描いたシートチューブが斬新で、
「ひゅぅ~っ!」ってな感じでしたが、その後様々な29erフレームが登場するに至り、
徐々に徐々に鉄製29erのオールドスクール的立ち居地になったかと。
c0189724_16591752.jpgc0189724_1659251.jpg


しかし同じ場所に居続ける事無く、少しずつ変化を遂げており、
シートガセットはもとより、ヘッドのガセットやリアキャリアダボの位置など、
細かい点でブラッシュアップが図られておりますし、
兄弟モデルの「Ogre」が出た事で、カンチ台座が無くなりより男前に。
c0189724_1659865.jpg

また完成車の構成部品も、
ベアリングの支持方法を変更した、
「UltraNewHub」になるなど、
乗り手をガッカリさせない、
納得の行くアッセンブルに進化。

もっと軽いの、もっと安いの、もっともっと・・・なフレームは幾らでもありますので、
予算を効率的に使うのであれば、他に提案すべき選択肢はあります。
c0189724_16594133.jpg

しかし、カラテを選ぶお客さんは、
「なるほど。でもカラテが良い。」
という指名買いが多いのが面白い。

たしかに「ゴツイ」とかじゃなくて、
「無骨」というテーマを掲げるなら、
類を見ない無骨さがありますからね、
恐らくそこに惹かれる人が多いのかと。

c0189724_16595096.jpg
そんなカラテモンキーの、
現行完成車に選ばれたタイヤは、
Maxxisアーデントの29x2.4という、
かなりボリュームのあるモノ。

組み立てをしながら、
「太いな~!」と思っていましたが、
「29+」のタイヤと比べるとやはり細い。

当たり前だよ馬鹿野郎という話ではありますが。
c0189724_170387.jpg

フルリジッドの29erに、
フロントだけ29+を履かせた、
「フロント・セミファット」ってのは、
非常~に美味しいバランスなんですね。

「で、カラテに履けるんですか?」
普通に履けるんです。

c0189724_1701145.jpg

履くとこんな感じ。

良いなぁ~、良い感じだ~。



フロントアップで、
軽いドロップをポンと落ちて、
「フガッ」ってなる感じとかの、
リジッドフォークの美味しさを、
絶妙にマイルドにしてくれます。

それが美味しさなのか?
というのは人其々なので、
あくまで主観ですけどね。

この29+の前輪は、亜細亜猿である台湾坊主29に履かすべく自分用に用意したモノ。
「15mmスルーアクスルのテーパード用クロモリリジッドフォーク」という、
Salsaのクロモトグレネード・テーパードが入って来ない事には計画が進まないのですが、
フォークが届き次第、即組める様チョロリチョロリと準備中。

今の所入荷予定は3月予定、そして当家の第一子も3月予定。
ど!ど!ど!どうなる3月?
by kaleidocycle | 2014-02-03 20:02 | 商品
<< さるづくし。 ディティール。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧