井戸端監視カメラ



ディティール。

c0189724_2154384.jpg
ワォーンっ!
朝からサイドカットしてもうた~!

こんな良い天気の日に切っちまうなんて、
ついてないぜベイベー。

タイヤ切る暇があるなら、
髪の毛でも切ろうぜベイベー。

c0189724_20511717.jpg

「何がベイビーじゃ、このスカタン」
という話ではありますが。

ベイベーベイベーと言ってしまうのは、
髪の毛が伸び放題伸びている事と、
関係があるのか無いのかは分からぬモノの、
髪の毛がとても長くなって来たのさベイベー。


2年程前バリカンで丸刈りにした後、
そのまま放置し続けたらこんななりました。

c0189724_216524.jpg

散髪に行くのが邪魔臭い、
そして別に髪などお洒落でなくてもよい、
という事で放置した髪の毛ですが。

風呂上りの鏡に映る自分の姿は、
どうにもTaruに似ている様に思え、
「コレで良いのだろうか?」と少々悩む事も。

c0189724_2161847.jpgc0189724_22553041.jpg










出来れば仲邑真輔くらいであって欲しいですが、
額が広がり始めた自分の現実は、
スティーブン・セガールにこそより近い。

これで良いのか?別に良いんだけど・・・良いのか?
とそんな漠然とした不安と日本酒の五合瓶を抱えつつ、
何気なくYoutubeの海を泳いでいた所・・・ラモーンズ!
今の髪の長さならラモーンズごっこ出来るじゃないか!と思い立ち、
来週は数年振りの散髪に行こうと決めました。
c0189724_2162777.jpg





貴様の髪型のディティールなど聞きとうないわ
というのがほぼ全ての人の気持ちでしょうから、
皆さんに興味を持って頂ける方のディティールを見て行きましょうか。
c0189724_22384584.jpg



c0189724_20512843.jpg
ワークショップモンキーさんの、
「台湾坊主29er」

先日ボス猿様自らお持ち頂いたまま、
勝手に満足していましたが、
改めてその魅惑のディティールをば。

まず個人的に一番好きなポイントは、
このテーパードのヘッドチューブ!

c0189724_2051406.jpg
内径44mmのパイプをズドン!な、
「ZS44」が主流となりつつある中、
「上インテグラル、下エクスターナル」
の美しいシェイプのヘッドチューブは、
テーパード嫌いの自分でさえも、
ウムムムム・・・と唸ってしまう程魅力的。

この無駄の無い薄さってば、もう・・・。

薄いから偉い、軽いから偉いってな話ではなくてですね。
鉄フレームでテーパード対応フレームを作るとなると、
どうしてもヘッドチューブが重くなり過ぎてバランスが崩れがちに。

そこで重量を必要最低限に抑えながら剛性を確保したくなるのは当然、
でもテーパードのヘッドチューブ部材って、まだまだ選び幅が少なく、
しかも・・・高いんですよ価格が。レース用MTBタイヤ一本分くらいします。
c0189724_2051536.jpg

・・・ってノーノー!話が長くなるので、
取りあえずは「ヘッドチューブが素敵」これでOK。


次の魅力ポイントはチェーンステー!

この写真だけ見ると、BBシェルについた、
ISCG05台座が目を惹きますが、
何気な~い地味なチェーンステーにこそ、
モンキーロジックが籠められています。

c0189724_20524100.jpg
拡大してもよく分からんと思うのですが、
このチェーンステーの何が凄いって、
パイプを凹ませていないんですよ。

凹ます事を「押す」と表現するのですが、
モンキーさんは押す事を好まれず、
パイプ形状を維持する事による、
BB剛性の確保を重んじられるのですね~。

それでいてパナのCG2.25を履いて左右5mmずつのクリアランスが残る。
フレームビルダーのSunrisecycles高井氏も「凄くないですか~!」という程絶妙だそうな。

c0189724_20521658.jpg
の刻印が為されたエンドの、
ゴツさ加減がモンキーの提唱するMTB像、
それを示しているのかもしれません。

自分などは「こけないライディング」、
と言うのを前提とするのですが、
このゴツイエンドは「こけて当たり前」
そんな前提のエンドに見受けられます。

c0189724_20523025.jpg
と、そんなこんななモンキーさんの台湾坊主29er、
ジオメトリは公開禁止令がでており、
Web上でお知らせ出来るのは、
ザックリしたサイズ感のみ。

コレは何も出し惜しみとかじゃ無いんですよ。

多分、多分ですけど・・・、
「数字だけで分かったつもりになってる」
そんな自分みたいな人間に対して、
「ええし乗ってみなさいな、とりあえず」
という事で、敢えて前情報を暈しているのかも。

まぁ、台湾製なのに30本しか作ってない(我々の業界ではありえない!というか狂ってる!)し、
欲しくなった人が通販でポンポンと買うってモンでも無いでしょうから、
「気にして頂けるならWebで情報探るより、取り合えず販売店さんに行ってみなさいな」
という事なんでしょうかね?

とりあえず、マイマシーンとして一台組むべく準備を進めていますが、
フォークの入荷が3月頃になりそうなので、仕上がるのは多分4月くらいです。


完成したら是非乗ってみなはれ、きっと・・・ええはずだっせ~!
ま、自分の企画しているマキリも、
方向性が違うだけで決して負けていない!と思い込んでいるんですけどね!
by kaleidocycle | 2014-02-01 23:59 | 商品
<< 猿連鎖。 ロングライド・ア・ゴーゴー。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧