井戸端監視カメラ



人柱的。

昨日の休みは家の用事を片付けて、4時間程時間が空いたので近所の山へ。
あぁ~小虫も居らんし日が照って寒くも無いし、なんとええ山模様でございましょう。
c0189724_15104758.jpg
そういや年末にご案内した、
弊店店頭にある試乗車の中で、
コイツの話をするのを忘れていたな、
というのがSunrisecyclesの27.5プロト


26インチと29インチの中間という事で、
世を席巻する勢いの27.5(650B)規格。

その27.5ホイルの持てる能力を、
一番活かせるスタイルってナンジャラホイ?
と妄想を膨らませて出たイメージは「ダートランナー」

c0189724_1571557.jpg

ダブルトラックを延々と走って行き、
その先にあるシングルトラックを楽しむ。


そんなシングルトラックスペシャルでもなく、
クロカンスペシャルでもない中間点、
此処にこそ27.5の活きる立ち居地があるのでは?
と勝手に考えてみまして。


26では出し難いドーンとした走破性を活かす安定感重視のジオメトリをベースに、
リアバックをコンパクトに纏めて、29では出し難い縦の動きを演出してみよう。
話が纏まりゃモノは試しだ、とばかりサンライズさんが製作したのが今回のプロト。

c0189724_15811.jpg

そんなプロトにいざ乗ってみると~?

こ・こ・漕ぎが重てぇ・・・。
それもそのはず、アッセンブルされているのは、
35mm幅の極太リム「P35」に、
超ハイグリップタイヤ「ネヴェガル」と特盛。


フレームのコンセプトとはかなりズレがある、
けどまぁ取り合えずのテストなので、ええ。

c0189724_1582092.jpg
漕ぎの重さには時間と共に慣れ、
反対にこの安定感の塊みたいなホイルが、
ダートでの上りで抜群に路面を捉える。


しかしリアバックが、か・か・固てぇ・・・。
見るからにタフそうなチュービングは、
しなやかさ等とは完全に無縁で、
CoveのStiffyを髣髴とさせるモノ。

当然フレームのコンセプトとはズレがある、
けどまぁ取り合えずのテストなので、ええ。

と、文句ばかり言いながらもシングルトラックに飛び込むと。
・・・良いじゃないか。
c0189724_1583657.jpg


c0189724_1585091.jpg

特盛ホイルのお陰で27.5の持つ、
漕ぎの軽さってのは感じないモノの、
ホイル径の大きさから来る走破性は、
やはり26では感じれないレベル。


極太リムに支えられたハイグリップタイヤは、
土を捉えて離さず、冷っとする事も少ないし、
豊かなエアボリュームによる快適性は、
剛性過剰気味のフレームを適度にいなす。

c0189724_159657.jpg

27.5の興隆と時を同じくして、
一気にスタンダードとなったテーパードヘッド。

要・不要で言えば、ケースバイケースであり、
何でもかんでもテーパードという流れは、
個人的にチョイと納得行かないのだけれど。


このガチっとした全体的な剛性感を思うと、
なるほどなるほど、コレはコレで・・・。

c0189724_1592974.jpg

と、そんな「とりあえずテスト」な27.5。

とりあえずというだけあって、迷走中ですが、
乗れば乗るほど方向性が見えて来ます。


自分の思い描く方向性に沿わすなら、
チュービングはもっと解いて、
BBを少し下げるかな?って所ですし。

c0189724_15102810.jpg
反対に今のままの方向性を伸ばして、
シングルトラックスペシャルを狙うなら、
ハンドリングにもう少しキレを出してやりたい。


どちらを狙うかは乗り手次第ですが、
今後伸びて行く道の根っことして、
今目の前にあってくれる27.5プロト。

さぁ!アナタなら!どうする?
続きはSunriseCyclesでご相談下さい。





サンライズサイクルズは、来週火曜(21日)に弊店に立ち寄るそうなので、
本気で相談したい人はそのタイミングをご活用頂くのも一つかと。
by kaleidocycle | 2014-01-16 18:50 | 無駄
<< 積んでみるかい? 84514(早よ来いよ)。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧