井戸端監視カメラ



野望の実。

帰省ラッシュのピークという本日なれどまだ営業中、
そんな空井戸サイクル、最後の入荷は!大物です!
c0189724_19535015.jpg

c0189724_19541885.jpg

CarverBikes Gnarvester


この鈍い輝き・・・、
最後の入荷がチタンフレームとは、
なんとも験の良い事でございますな。

c0189724_19543880.jpg
しかも単なるチタンフレームではなく、
タイヤクリアランスを求めて、
縫う様に走るプレート材から分かる通り、
相当太いタイヤを履く前提のコイツは、
29+ホイル規格対応のフレーム。


29+というと。
丁度一年前にデビューした、
Surlyのクランパスの圧倒的走破性に、
乗った誰もがニヤニヤしちゃった訳ですが。

c0189724_1954286.jpg
その29+ホイルを履ける、
更に軽いフレームとして出て来たのが、
このカーヴァーのナーバスター。

乗ったらどんなに面白いんだろう・・・、
とは思うけれど、それを知るのはオーナーのみ。


ヘッドチューブは勿論テーパード。

c0189724_19565114.jpg
エンドはパラゴンのスライドエンド仕様で、
シングルでもマルチでもどちらでもOK。

(画像はエンドのついていない状態ですけど)


で、右チェーンステー後端の、
此処の部分、何か入ってますね。

何だろう?何かしら?
ってピンと来る人は来ますよね。

c0189724_19571456.jpg

そう、此処はボルトオンになっており、
分割する事でベルトドライブに対応。


ん~・・・やらしくない方の、
「大人のオモチャ」です、実に。

こんなの乗ってみたいか?乗ってみたいに決まっている!
しかし、所有出来るか?となると・・・漢の度量を問われますな。

今日も漢の度量満載のMootsを拝見しましたが、
憧れるのだけれどまだまだ己如きが、とビビッちゃう。
c0189724_19572914.jpg
この歯一枚でもチョッとビビリますモン。

・Wolf Tooth チェーンリング 
 104x30t  ¥10,500
 110x38t  ¥11,900


「歯は消耗品だ」と捉えていると、
そこに¥1万は結構重い。

今年、虫歯になって神経を抜いた事と比べると、
¥1万で済むなら良いじゃないか、とも思うけど、
そもそも比較の対象がおおいに間違っているし。

c0189724_19575824.jpg

とかそういう問題じゃないですね。

このリングは独特の歯先形状により、
「フロントシングル x リアマルチ」
という組み合わせをした際に、
チェーンデバイス無しでも、
チェーン落ちがし難いという製品であり、
ただのチェーンリングと比べる事が間違っている。


c0189724_195896.jpg

更にこの104x30tってのが優れモノで、
通常のMTBクランク(104pcd)では、
一般的に32tが最小の歯数で、
理論上は31tもOKだけど珍しい。

そんな中、30tという更に小さい、
つまりより軽いギア比を提供してくれる。

c0189724_19582550.jpg

「MTBクランクに32t以下を」という製品としては、
フォーリーズのタービンがありますが。

フォーリーズはインナー位置に着けるのに対し、
ウルフトゥースは歯にスペーサー的な下駄が、
削りだされており、ミドル位置に取り付けられます。

なのでスパイダーとチェーンの干渉を気にせず、
スカッと30tの軽さを堪能できる訳です。


この恩恵の事、そしてチェーンデバイスが不要である事を考慮すると、
色々差し引きナンジャモンジャで¥1万は・・・ありでしょう


32tとか普通の大きさのギアなら、チョッと考えちゃうけど、
それは今だけ、いつかはドーンとチタンフルオーダーかましたるで~!

という野望を抱いたり抱かなかったりしながら、明日が年内最後の営業となります。
基本的には大掃除の日ゆえ、出たり入ったりすると思いますので、
もしご来店頂ける際は、電話で確認頂ければ幸いです。
by kaleidocycle | 2013-12-28 21:28 | 商品
<< 冬休みの課題図書的な。 整列。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧