井戸端監視カメラ



俺ごと刈るな。

c0189724_1781057.jpg

自転車を乗るにあたって手袋は、
季節を問わず「嵌めるのが普通」


手袋を嵌めないと・・・?
夏はグリップがニチャニチャになるし、
冬は問答無用で寒いしで。

子供の頃は手袋なんて考えた事も無かったんですけどね、
気付けば手袋をするのが普通になっているというこの不思議。

で、走りに行く時のグローブは、それはそれで高性能なモノがあれば良いのですが、
日常毎日使う「白御飯」の様なグローブが此方。
c0189724_1782132.jpg

・Defeet ウールグローブ ¥3,150

デフィートのグローブと言えば、
コーデュラナイロンの「デュラグローブ」。

ですが此方はそのデュラグローブを、
ウールベースで造り直したモデルでして。

c0189724_1783036.jpg

フィット感はデュラグローブに譲るモノの、
ウールのカラッとした肌触りや、
その保温性の高さはとても優秀。

手の平には「D」のシリコンプリントが並び、
握りやレバーのかかりも上々。

c0189724_1784473.jpg

見た目は地味の極みで主張少なく、
スポーツ用品のはずなのに、
「手袋嵌めてます!」という風でもないので。


自転車乗っている時は勿論、
手をポケットに入れたくなる寒い時期に、
普通~に使ってしまえるというのは、
地味だからこその強みだったり。

c0189724_1785251.jpg

そんなディフィートのグローブ、
良くも悪くも「アメリカ製高級軍手」

脱いだら丸めてポン、と仕舞えば、
「片方無い~」とうろたえる事も無い、
こんな気楽な使い方は、
やはり軍手のそれなのですが。

その使い心地や保温性、そして耐久性は普通の軍手の比に非ず。
言わば軍手の美味しい所だけを抽出した逸品であり、
そうでなければ誰もこんなモン使わんし在庫も置かんって話です。


ええ、自分はディフィートのウール製品が大好きなのです。
その良さはスペックを見るだけでは伝わらず、使ってこそ実感する「丁度良さ」
c0189724_1791472.jpg

故に靴下はもう何年も、
ディフィートのウールのみです。

暑い夏も寒い冬も快適で、
雨に濡れても感じ難いってのは、
やはりウールの恩恵なのですな。

c0189724_1792681.jpg
で、そのディフィートのウールソックスには、
前シーズン使える薄手のモノだけでなく、
より肉厚な「ウーリーブギー」というのもあり、
並べるとホラ、結構違う。

・ウールソックス(STD) ¥1,680
・ウーリーブギー ¥2,100


ウーリーブギーは肉厚な為、当然より暖かく冬には重宝するのですが、
出番としてはSTDのウールソックスの方が多い為、
我が家では「ウールソックスx4、ウーリーブギーx2」というのがタンスの基本体制。

そして今朝、そろそろウーリーブギーの出番かと引っ張り出して、
まじまじと見た所・・・毛玉だらけやないかい!
こらイカンとばかり、毛玉取りマシーンでブツブツブツブツブツ・・・と毛玉削除。
c0189724_1794049.jpgc0189724_1794725.jpg


ハイ、綺麗になりました。
が、毛玉マシーンの中に溜まったカスを見て、靴下が減った事をやや悲しんだり。


毛玉って好感持たんですよね?
その点、毛玉の出難さってのが実はディフィートのウールソックスの美点であり、
STDのウールソックスはウール製品とは思えぬほど毛玉が出ません。
(自転車用ソックスの定番である、某S/G社のウールソックスはこの点話にならん!)

しかし厚手のウーリーブギーはそれなりに毛玉が出てしまいます。
毛玉が出たら刈れば良いだけなのかもしれませんが、
邪魔臭いし減って行くのも悲しいしで、やはり気候により使い分けをお勧めしたい所です。
by kaleidocycle | 2013-11-08 18:19 | 商品
<< 渡り鳥に憧れて。 全天候型生活のすすめ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧