井戸端監視カメラ



全天候型生活のすすめ。

一昨日の紀伊半島行の疲労からか、久し振りに風邪をひいた様でして。
「さぶいわ~、さぶいわ~」と思っているのに外は雨。
c0189724_17364154.jpg

しかし雨など恐るるに足らず。

鉄壁の防御力をもつキャラダイスのポンチョ、
コイツを被れば風も雨も布の向こう、
まるで車に乗っているかの様な安心感。


・キャラダイス ダックスバックポンチョ
 スーパーサイズ 


c0189724_1736578.jpg
使い始めてもう8年程にもなりますが、
止水性能は衰える事無く、
雨具として絶対の信頼をおいています。

ただ家を出る時は雨だったのに、
店に着くと晴れ出すという様な、
不安定な天気の日に、
毎日コレを着て出掛けるか、と言うと・・・。

c0189724_17371866.jpg
見た目があまりに重い。

そこで、完全雨具のキャラダイスよりも、
もう少し普通に着れるモノは無いのか?
と、今年から自分で使って試しているのが。

・クレバーフード 


本来洒落た製品のはずですが、
自分が着るとどうも木枯らし紋次郎っぽい。

c0189724_17372654.jpg

ただまぁキャラダイス製品の様な、
「雨と闘う!」という雰囲気も無く、
パターンも生地もスマートな印象で、
天候問わず着ていても比較的自然かと。


必要に応じてスリットから手が出せるので、
日常の使い勝手もとても宜しく、
普通にアウターとして選べるのは有り難い。


そんなスリットから雨が流れ込む、という事は当然あれども、
気になる防水性についてはテストしている限りは想像以上で、
生地から内部に浸水するという事はほぼ無くとても優秀。
c0189724_17374132.jpg

つまり「雨具」と捉えるのではなく、
「不意に雨が降っても困らない」
そんなアウターという位置付けな訳ですね。


室内は暖かいけど外は寒い、
そんなこれからの時期の外出時に、
とりあえずコレ一枚羽織れば、
上半身はもとより冷たくなる手までを覆い、
天気が変わって雨が降っても、
膝から上はほぼほぼ濡れない、と。

うむ、良いんじゃないか?と合格点を出せたので、
店頭在庫として入れてみたのは、クレバーフード一推しの千鳥布仕様。
c0189724_17374935.jpgc0189724_17375856.jpg


自分の使っているコーデュロイ仕様と比べると生地自体の撥水性も高く、
濡れた後に「干す」という行為が簡略化出来そうなのはより実用的。
c0189724_17381212.jpg
また模様の一部にリフレクター糸が使われており、
昼に見ると普通に洒落ているのに、
夜間の安全性も確保されているというのも良し。


「絶対雨具」キャラダイスと比べると高価ですが、
日常生活の主な移動手段は自転車、
そんな人なら使用頻度はより高くなるはず。

生活に即した曖昧な存在の有り難さってのは、
使ってはじめて滲み出てくるのだと思いますので、
気になる方は「迷わず行けよ、行けば分かるさ」。
by kaleidocycle | 2013-11-07 18:51 | 商品
<< 俺ごと刈るな。 チキンボーイ in 紀伊。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧