井戸端監視カメラ



チキンボーイ in 紀伊。

単車に乗りたい単車に乗りたい、遠くへ行きたい僻地へ行きたい。
そんな思いが常々頭にあるのは何故か?
その思いを叶える機会が中々無いからである。
c0189724_13343217.jpg

じゃぁ何故機会が無いのかと言うと、
様々な理由はあれども所詮は言い訳

コレは健全ではない!と思い立ち、
突如、本州最南端「潮岬」へ向かった昨日。


あ~、着いた着いたアハハハ~。
等と言ってる場合では無い。

c0189724_13345466.jpg

思えば単車に跨り20年以上、
潮岬には何度も何度も来ており、
何の新鮮味も無ければ感慨も無い。


潮岬はあくまでスタート地点
そしてコレから始まるは、
紀伊半島南部に点在する小さな集落を結ぶ、
蜘蛛の巣の様に伸びる険しい道の旅。

c0189724_13354510.jpg
紀伊半島を表すキーワードは、
幾重にも重なる山、その間を流れる川、
そしてそれ等を中心とした豊かな自然、
略して「山川豊」、とかそんな事はどうでもよくて。


近年、広くて綺麗な道路の整備も進み、
目的地に行くだけなら、案外スムースに到達可能。

しかしメインルートから脇に入った細い道にこそ、
和歌山でしか見れない原風景があり、
そこにこそ和歌山の魅力を感じるのです。

c0189724_133612.jpg

という訳で、地図で目星をつけて来た、
紀伊半島南端から中央部へ伸びる県道43号線へ。

地図で見ると「と・・・とんでもねぇ道に違いねぇ」
そう思わすに充分な道に思えたのに、
走り出してすぐに「道の駅」の看板が。


道の駅があるって事は、案外栄えているのかしらん?
と立ち寄って驚愕、無人道の駅。

c0189724_1336105.jpg

メシ喰う所もお土産屋も何も無く、
あるのはスタンプラリー用のハンコ達と。

「へき地診療所」


どうやら自分の考えていた道の駅と、
この道の駅とは解釈が違う模様。

うむ、遠くへ来たって感じがして来た。
けど・・・。

c0189724_13362532.jpg

こんな所にまで道の駅か~、
紀伊半島の近代化もドンドン進んでるな~。


と落胆交じりながらも快調に走れたのも束の間。
道はドンドン狭くなり、
やがて「道幅1.7m注意」の標識が。


1.7m・・・離合とかそういうレベルの話では無い。

c0189724_1336392.jpg
路面は荒れ放題に荒れており、
ブラインドコーナーに突っ込む訳にも行かず、
コーナーの向こうを覗き込む様に、
スーパースローペースでジリジリ進む。

地図で見ると直線距離約15km。
しかし蛇がのたくった様に続く道は、
倍の30kmを超えてもまだまだ終わらない。

「お!このダート何処に続くんやろか?」
と、京都であれば思う事も、
今は全く思わないのさ、紀伊半島マジック。

c0189724_13373489.jpg
路面と対抗車という2つの敵と対峙し、
一つ角を曲がる度に、
カードゲームのカードを捲るが如く、
神経を擦り減らす事1時間少々。


民家が見えた~!

c0189724_13374654.jpg

この紀伊の生活風景の美しい事。


山の奥の奥のこの場所に、
何故人は棲み始めたのだろう?
そう考えてしまうけど、おそらく愚問。

そもそも人は国中疎らに其々の生活を営んでおり、
「道路無くして人住まず」というのは、
長い歴史の中のホンの数十年の事なのだろうから。

c0189724_13375774.jpg
そう、紀伊半島の奥には、
現代においては夢想でしかない、
「日本の原風景」というモノが存在する。

それは物理的距離では無く、
時間距離で隔絶され今も残っているのだから、
時間と労力をもってしか辿り着けない。


直線距離たったの30km少々を越えるだけで、
空は暮れ出してしまう程に紀伊は深い。

と、熊野川を眺めながらセンチメンタルな気分に浸り、
「さすがにコレ以上小道は厳しいから、国道でズドーンと帰りますか」
そう考えていた時には、この後来る苦難を想像もしていなんだ。
c0189724_13382180.jpg
新宮から奈良の吉野まで約130km程。
紀伊を貫く綺麗な国道の恩恵を受ければ、
京都までは3時間程度で辿り着けるはずだった。

が。
先日の大雨の影響で通行止めの箇所があり、
案内される迂回路は・・・再び細くうねった小道。

日は沈み、心許ないライトが視界を狭める中、
路面に浮いた砂利にハンドルを取られ取られ、
反復練習の様な動きを延々と、延々と続ける。

c0189724_13383359.jpg

やっと国道の明かりが見えた所で心底息をつく。

気力、体力共に擦り切れ疲労困憊。
さぁ後は普通の国道走って京都まで150km位。

逃げる前に振り返った紀伊半島の黒い山々は、
「また遊びにおいでや」と、
圧倒的なプレッシャーをもって語りかけて来る様で、
つい軽い気持ちで来た事を謝ってしまいそうに。

そんなこんなで走りも走った630km。お腹一杯、吐きそうなまでに。
スンマセン、もう単車乗りたい・遠く行きたい・僻地行きたいとか我侭言いません。
10日後どう思ってるかは知らんけど。
by kaleidocycle | 2013-11-06 15:58 | 無駄
<< 全天候型生活のすすめ。 表し難し。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧