井戸端監視カメラ



早斬り靴。

今朝、家内から恐るべき願い出がありまして。
曰く「寒いのでストーブを焚きたい。ついては灯油を所望する」との事。
貴様!生活環境へ順応するという努力を、少しでも良いから見せんかい!
c0189724_19314785.jpg

こんなに良い気候、そうそうありまへんで?
コレで文句言うてたら、一年中文句続きまっせ。


とは言いながらも。
日が暮れると手足の先が少々冷たい。

そうか・・・流石にSPDサンダルは、
もう終りかもしれんなぁ・・・。

よし!じゃぁコイツの出番か!
c0189724_19315959.jpg
と言うには明らかに早く、
間にもう一つ普通の靴が挟まるべき。

しかし本当に必要な時には、
どうせ手に入らなくなっている。

だから今紹介しましょう、
45NRTHの新シューズ。

c0189724_19321718.jpg

・45NRTH ファーストカット ¥23,100


昨年リリースされた「ウルフハンマー」が、
超絶防寒シューズだったのに対し、
このファーストカットは激防寒シューズ位。

想定気温が高めになる、と言う事は?
雪が解けて水になるという事も想定される為、
より防水に重きを置いており、
表面はイルカの様にツルンツルン。

c0189724_19323788.jpg

足首周りのみはネオプレンで、
足首をギュッと締め込み、
雪の進入を防ぎます。

こんな所から雪が入るのか?
当ったり前じゃないですか!
鬱陶しいにも程がありますよ。

c0189724_1932473.jpg

前面にある止水ジッパをズバンと開いて、
外の皮を一枚剥くと、
内面はフリースが張られており、
如何にも温たそうであります。

そして中からもう一足靴が出て来る、と。

c0189724_19325611.jpg
そう、45NRTHのシューズは、
靴を2つ重ねて履く様な構造になっています。

故に非常に暖かい訳ですが、
脱ぎ履きがし難くなる傾向も。


その点、このファーストカットは、
ウルフハンマーと比べて非常に履き易くなっており、
踵のペロンを引っ張りながら履けば、
踵を踏んで潰してしまう事も無いし、
レースもファーストレースで引っ張るだけ。

c0189724_19331226.jpg

内側の靴の内部へと更に進入すると。

やはり内面にはフリースが張られており、
都合フリース2重防壁となっておる、と。

そら温いだろうさな。

c0189724_19332222.jpg

横や上は良いとして、
冷気は下からもやって来る。

だからソールも防寒仕様


ウール素材で保温性を確保すると共に、
アルミを混入する事で遮熱効果も。


c0189724_19333376.jpg
ソールを引っくり返すと、
裏面はワッフル状態になっており、
此処に溜め込まれた空気が、
更に更に冷気の進入を阻む訳です。


如何でしょう!
このダメ押し感!

コレだけやってんのに、45NRTHとしては「甘口」ってんだから恐ろしい。
しかし日本の我々が冬季に使う事を考えれば、コレでも充分以上の防御力。

価格もとてもとても現実的、というより最早安い¥23,100!
年一回の生産という事で、本当に必要になった時にはモノは無いはず。
さぁ!さぁ!さぁ!
by kaleidocycle | 2013-10-17 20:45 | 商品
<< 鈍にぶナイーヴ。 2014見聞録 その7。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧