井戸端監視カメラ



装い。

世間に漂う3連休の浮かれ気分に相乗りして、一昨日の朝は単車で琵琶湖一周。
c0189724_21103949.jpg

秋の3連休という事で、
まぁ凄まじい数の自転車が、
琵琶湖岸を疾走疾走疾走 (x 無限)


ただ流石に冷え込んだ朝だったので、
殆どの人がロングスリーブ。

自分は単車だったので、フリース張りのアウターで武装して行ったのですが、
それでも少々寒い上に、デニムの膝小僧が冷えて仕方なかったです。
気温計は9℃とかでしたからね・・・そらそうだ。
c0189724_17372026.jpg

さぁ!やっと出番だ!
という事で本日ご紹介するは、
この摩訶不思議なデザインのチノパン。

10日程も前に届いていたのですが、
寒くなるのを待って寝かせていました。

c0189724_1737538.jpg

・CCP 変形ZIPチノ ¥19,800


シルエットだけ見ると然程インパクトは無く、
素材もガツンと綿100%という事で、
特にストレッチ性が良いとか、
そういうギミックも無し。

よく見れば膝に一摘み入ってて、
ペダリングへの優しさが一摘みあるのだけれど。

c0189724_17373714.jpg
しかしフロントジップ周りに目をやると、
一転、摩訶不思議ワールド。

真横に走った特徴的なジップを開くと、
こんな感じでパカっと前出しに。

開いたフラップの裏には、
コインポケットがあったりと、
謎は深まるばかりの構造。

c0189724_1738420.jpg
と、この様に全面は謎感満載ですが、
後ろに回ると意外と普通・・・でもなく。
右側のみにある大きくて深いポケットが、
ドン!と強く主張しております。


「何ちゅうトリッキーな・・・」
自分なぞはそんな印象を受ける訳ですが。

履いて冷静に確認してみると、
実は非常に効率的な造りであったりもします。

チノと言うとデニムに次いで定番の位置にあると思いますが、
そのスタンダードなチノもCCPの手にかかると、此処まで主張を強める。
パンツがコレだけ主張強いと、上が無地のTシャツでも洒落て見えるでしょうな。

またインパクトだけでなく、裾は細めでバタつき難く、
腿部分は余裕を持たせる等ペダリングへの配慮もされており、
個人的には「これぞCCP!」ってな一本になっていると思いますぞ。



そして此方も同じく寒くなるのを待って寝かせていた。
c0189724_1745694.jpg

・CCP スウェットサイクルジャケット ¥16,800


独特の表情を持つポリ混綿素材で作られた、
スタンドカラーのシンプルなジャケット。

少し厚みのある生地に袖を通せば、
何となく護られた様な安心感が。

冷え込む朝晩、パッと一枚羽織るのに、
欲しくなるのはこんな一枚じゃないでしょうか?

c0189724_17454093.jpg

裏は起毛なので保温性&吸汗性も充分。

フロントを縦に貫くジッパを開くと、
風が入り込まぬ配慮もなされているので、
「ジッパから風がスースー入って寒い・・・」
という事態に陥る心配も無し。

c0189724_17451950.jpg
「サイクルジャケット」という位ですから、
背面には3ポケットのバックポケット

左右から手が入り易い様に、
角が落とされているのが優しい。


また背面長く腰が冷え辛いってのは、
定番中の定番として。

首周りのパターンも注目して欲しいポイント。

c0189724_17455551.jpg

袖口には指貫もあり、
走行時に袖から入る風をシャットアウト。

袖の縫製部を一部開くだけでなく、
2ピースにして角度をつける事で、
より風の進入を防ぐ能力が上がる訳です。

c0189724_1746971.jpg
その上下セットアップで、
こんな感じに。


本当は人間が着た方が、
そのシルエットが伝わり易いけど、
モデルが自分では、
その良さが伝わらんので、
敢えてモデルは畳。


地味でシンプル。
なのに何となく洒落た感あり、
崩れた印象を残さない。

そして何より、
自転車に乗る際の負担を、
最小限に留めてくれる。

本気で走る為のサイクリングウェア、となると世界共通かもしれませんが、
日常の中にある自転車との関係、そこに対するさじ加減となるとやはり違って来るから。

日本人が日本人サイクリストの為に日本で企画し日本で作る、
ジャパニーズサイクリングウェアスタイルってのが、純粋に魅力を放つと思うのですよ。


そんなこんなで明日は定休日です。
更に明後日16日(木)は展示会の為、14時からのオープンとなります!
by kaleidocycle | 2013-10-14 19:35 | 無駄
<< 2014見聞録 その7。 鳥放題。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧