井戸端監視カメラ



文化祭。

自宅の横が小中学校という事で、連日体育祭の練習の爆音包まれ、
「嗚呼、自分があの様な輪の中に居たのはいつの日だったか・・・」
と、アンニュイな気分になる事も無い事も無い事も無い事も無い。
c0189724_16193968.jpg

そんな空井戸サイクルですが、
体育祭ではなく文化祭が本日から開幕。

西日がスバンと差し込む中、
埼玉からやって来たripaさんが、
弊店3階を展示会場へとデコレート。

c0189724_16195643.jpg

バッグや生地の色見本は勿論、
小物や何やかんやが並べられると、
いつもは完全倉庫状態の3階が、
結構チャンと店っぽくなる不思議。

教室が見世物小屋になる、
文化祭と同じ構図ですな。

c0189724_16202021.jpg

そして店の前ではダンボール箱に溺れて、
やはり文化祭的雰囲気を醸し出す人々が。

東京「Sunrisecycles」タカイ氏と、
彼が率いるレンタル自転車製作工房、
BYOBファクトリー」でフレームを作る、
有志(というか勇士)のコンノ氏も駆けつけ、
BYOBファクトリーで製作された、
「俺なりの29+」
を組み上げる。

c0189724_16203715.jpg

そして並んだ5台の「俺なりの29+」。

5人の侍(先祖は多分農民)が、
記録的酷暑の中、
考え、削り、火を入れ作り上げた、
巨大なホイルがズラリと一同に。

そんな5台の中で、個人的に一番気になったのが此方!
c0189724_16205152.jpg



関東の某巨大自転車チェーン店スタッフが作り上げたという、
実用車というか運搬車を彷彿とさせる29+車両。
デカイ!デカイ!デカ~イ!
ラオウの跨る黒王号とは、きっとこの様な大きさなのだろう、と。
c0189724_16211120.jpg

リアセンターを詰める、
等と言う世間の流れを無視する様な、
超ロングシートステー!


そしてこのゴツいステー組み!

c0189724_16212199.jpg


この曼荼羅模様の様な、
随所に差し込まれた塗装も・・・。


往年の七宝焼きを連想させて、
なんともええやないですか~。



c0189724_16214279.jpg

そんな実用車的29+をはじめ、
総構成部材点数九十点以上という、
サンライズサイクルズ謹製の、
謎フレームな・ど・な・ど!

見るだけでお腹一杯になれる、
魔術的29+が5台も。

c0189724_16215246.jpg
明日27日から28日29日と、
週末にかけて3日間展示だけでなく、
実際に乗ってみれるというこの妙な3日間。

「こんなバッグが欲しい!」という人は勿論、
「こんなフレームが夢に出てきたので乗りたい」
そんな人も、この3日間のチャンスを逃す事無かれ!


あと、関西発自転車フリーペーパー、
「サイクル」誌の最新号も届いておりますので、
何とも珍しい文化的な空井戸サイクル、この機会に。
by kaleidocycle | 2013-09-26 19:59 | 駄情報
<< 秋味(本番到来)。 明日から。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧