井戸端監視カメラ



漁夫利。

c0189724_2243144.jpg

田んぼも黄色く広がる秋。

先日、あの様な嵐が来たにも拘わらず、
細い茎で立つ稲のその強さよ。

天晴れ

c0189724_2244961.jpg

で、自分なぞは大風に影響を受ける事も無く、
平々凡々、変わらぬいつもの毎日なのですが。

走りに出るテリトリーは何処も彼処も、
やれ崖崩れだ、通行止めだと、
様々な制限が出ているとの情報が次々と。


その実状や如何に?
とパトロールへデッパツした昨日の休日。

c0189724_225825.jpg


雨が止んで数日経つも、保津川未だ濁流。


この下流に嵐山がある訳ですが、
衰えを感じさせぬその流れを見るに、
コイツァ・・・凶暴じゃわい・・・と。


c0189724_2254225.jpg

さて、この先の道は如何なっているのか?

「通り抜け不可」の看板を横目に、
その「不可」なポイントに出会うまで上ってみる。


途中、アスファルトは消え、
ガレガレの山道に戻っている箇所も・・・。

あるかと思いきや無い。

c0189724_2264100.jpg
土砂に埋められ、
通行止めであったろう痕に、
行き会う事ポツポツあれど。

既に処置は施され、
自転車は勿論、自動車でも通れる様に。

この対応の早さってのは驚嘆モノですな。

c0189724_2262463.jpg
ただでさえ交通量が少ない道が、
道路の状態が怪しいと言う事で、
自動車と行き交う事も殆ど無く快走至極。

しかも!
越畑集落にあるそば屋「まつばら」の前を通ると、
いつも並んでいる人で一杯なのに、
この状況下ゆえ、ほぼ誰も居ない状態。

天恵なり!と店に飛び込み、
大根おろし蕎麦をかっ喰らう。

c0189724_2264331.jpg
大根の辛味が胃に響くぜ~、
と、胃の感触を楽しんだ後、
蕎麦湯を頼みチュルチュルすする。


蕎麦湯かぁ~。
いつからこんなモンを飲む様になったんやろかしら?

小学生の頃、知り合いのオッチャンが、
蕎麦湯を飲むのを見て、
「何でそんなモン飲むんやろ?」と思ったモンですが、
知らぬ間に自分もオッチャン側になった様です。

c0189724_2265613.jpg

まぁそんなこんなで、
世間は本日から3連休との事ですが。

連休中にもかかわらず、
あの行列がデフォルトの「まつばら」で、
並ばずにパッと喰える可能性があるというのは、
道路復旧が大急ぎで進む今故のメリットでしょう。


汚れる事は諦めて、蕎麦を目指してレッツゴー!
by kaleidocycle | 2013-09-21 23:57 | 駄情報
<< ヤジウマ・トラッカー。 手芸の宴。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧