井戸端監視カメラ



手芸の宴。

パンツ一丁&タオルケット無しってな格好を、未だ寝る際のスタンダートとしているのですが。
c0189724_18443438.jpg
流石に今朝起きると体の熱が奪われており、
寒い寒いと長袖を着て店に向かいました。
はずなのに。

昼を過ぎると汗ばみまくる程に暑くなったり。
「こんな暑い日にゃやりたくねぇなぁ・・・」と手にするはマルイチ金属謹製Wスタンドc0189724_18444431.jpg

そのスタンドを火花散らして、
グラインダーでバリバリ切りまくる。

ギュイーーーーン!
バババババババババ!


鉄の粉と汗に塗れたのは、ママチャリ用のWスタンドをコイツに着ける為。
c0189724_18445510.jpg


c0189724_1845462.jpg
実用品として乗り込まれた初期型Surly1x1
新車で納めたのはもう8年・・・くらい前か。

時間の流れと共に仕様用途も変わり、
今はWスタンドが必要になった、という事で。


1x1の大きな耳付きエンドに合わせて、
グラインダーで無理矢理バババババー。

うむ!適当にも程がある仕上がりだ!
しかし実用に耐えるならそれで良い。

この様な仕事はプロの仕事とはかけ離れた素人仕事、
自宅の庭でやる様な簡単愉快な仕事です。


そんなモノよりも、自分で出来ないプロの仕事を見て頂きたい。
c0189724_18461782.jpg

という事で催事のお知らせです。


弊店でもオーダー受付をしている、
関東発穏やか系バッグ、
「ripa」さんの展示受注会を、
弊店3階にて開催してみよう!
とそんなお話です。

デザイン性に機能性を被せながらも、
温かみのある意匠に纏め上げる、
そんな本職の仕事を行う、
製作者「ヒロエ氏」から直接、
何が何でこうなっているのか?
何が出来て何が出来ないのか?

そんな事を聞いて頂く機会かと。

c0189724_18463068.jpg
またripaさんは帆布をベースとしながらも、
要所要所に革細工を使う事が多いのですが。

「せっかく京都に来るんだから、
 ripaに興味を持って頂いた方々と、
 一緒に何か作ってみよう」

という事で革細工のワークショップを開催。

作るはフレームを守るトップチューブカバー。
コレを自分のフレームのサイズに合わせて、
革をカットして穴あけて縫って・・・と。

開催日は9月28日(土)の15時~17時を予定。
募集人数は6名、費用は¥3,000(材料費込)という事で、
気になる京都近辺の方は直接「ripa」さんまでお申し込みあれ。



そして同時に何故か・・・彼も一緒に来るそうで。
c0189724_18464146.jpg


Surlyが提唱した「29+」という、可能性を秘めまくったホイル規格を、
「俺ならこの規格をもっとコウして活かす!」と奮起して、
フレーム構成部材総点数90点以上!という狂った様な答を出して来た、
若手ビルダーの急先鋒「Sunrisecycles」代表(というか独り)の高井氏。

彼が作り上げた謎の29+フレームを、今回のripaの展示会に合わせて、
26日~29日の4日間、弊店にて展示して見て頂こう、という事らしい。
しかも。
c0189724_18465585.jpg


彼が主催する「自分で自分のフレームを作る」という貸し自転車工房、
BYOBファクトリーで5人の勇者が作り上げた、
其々の「29+」を一気に並べてしまおう!という事だそうで。


来週週末の空井戸サイクル、色々エライ事になりそうです。
京都近辺にお住まいの方は勿論、来週末に京都観光を予定されている方は、
是非暇潰しにお立ち寄り下さい、きっと来る価値ある事になると思います。
by kaleidocycle | 2013-09-19 21:58 | 駄情報
<< 漁夫利。 2014見聞録 その5。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧