井戸端監視カメラ



2014見聞録 その5。

c0189724_16242381.jpg

本日もまた展示会という事で、
眠い目をこすりながら、
単車に跨り一路大阪へ。


ブロロロロロ・・・。

c0189724_16244479.jpg

ハイ着いた。

本日拝見するはGTやFeltでおなじみ、
ライトウェイプロダクツ社。


入り口には全てを一新した、
GTのDHモデル「Fury」が鎮座。


c0189724_16245478.jpg
それよりも今年GTで見るべきはこのリンク

GTの家宝とも言い得た「i-Drive」から、
「AOS」と呼ばれる新システムに。


コッチが動くと、アッチが押し上げられて、
同時にコッチを引っ張るから、ソッチが前に・・・
ってピタゴラ装置みたいに難解。

「迷わず乗れよ、乗れば分かるさ」てなモンか。
と、理解する事は後回しにしてみたり。

まぁ弊店でこんなのを売る事はまず無いですからねぇ。
リンクシステムは暇な時にジックリ検証するとして、
昨年GTの製品で最も気に入ったアイツの、今年バージョンはどんなだか気になるぜ。

何処?何処?何処に居るのだ「カシミール29」
c0189724_16253047.jpgc0189724_16251860.jpg



え~・・・カシミール廃盤です。
残念だ、とは言ってはいけない。
後悔するならある内に手に入れておけば良かっただけだから。


次行こう、次!
今年各社から一気にリリースされたファットバイクが此処にも。
c0189724_1626291.jpg

ChargeBikesのCookerMaxi。


特徴としては・・・、
少しトップ長めで、少しBB高め、かな。

c0189724_16264429.jpg
クッカー「XX1」マキシ、かぁ~。

・・・え?XX1?
XX1って、あのSramのXX1なの?


スペックノートを見る、じーーーーっ・・・。
はい、全く関係ありませんでした。

c0189724_16262060.jpg
じゃぁXX1って何を指すのでしょう?
よく分かりませんが、まぁ見なかった事で。

因みにこのクッカーマキシ、
エンド幅は135mmという事で、
Surlyのパグスレーと同様の、
オフセットエンドとなっております。


その他、特徴と言うほどの特徴も無いけれど、
「何は無くとも人と違うのが良い!」
と言う人にはきっとコレ。



そんなマイノリティーワールドから一転マジョリティーワールドへ。
c0189724_16271248.jpg

サンツアーの新フォーク「Auron」登場。

コイツの何がメジャーなのか?
業界を席巻するサンツアーだから?

ノンノン、コイツは今年突如として湧き出た、
ホイル新規格「27.5インチ」用。

c0189724_16272529.jpg
左の白いのが27.5用のAURON。
右の黒いのが26用のEPICON。

ロアレッグの長さが少々違う。

更によく見りゃインナーチューブが、
エピコンの32mmよりも太い34mmで、
結構ゴツイ系となっている。

なのに何故なのでしょう?
オウロンのタイヤクリアランスは、エピコンよりも気持ち程度狭い。
左の画像がオウロン、右の画像がエピコン、チョト違うでしょ?
c0189724_16292698.jpgc0189724_1629363.jpg

なんでなんでなんで~?と担当者に聞いてみた所、
「剛性重視でレッグに厚みを持たしたから・・・じゃないですかね?」
その本当の所は!発売される頃を待て!という事で。


当分27.5に乗る予定の無い自分にとって、サンツアーで気になる製品は此方!
c0189724_16275839.jpg
フォーク本体ではありません、
独自のクイックリリースシステム、
「Q-LOC」です。

コイツはよく出来たシステムなのですが、
ただ一つ欠点がありまして、
それはシャフトを抜く際、
爪が変な所に引っ掛かり抜け難いという事。

Q-LOCユーザー誰もを悩ますこの問題を、バシッと解決したのが今回の「Q-LOCⅡ」

そもそも問題の根源は、赤い爪の部分がフォークとハブの隙間を通る際に開いてしまい、
中途半端な所で引っ掛かって抜けなくなる、という点なのですが。
c0189724_16282059.jpgc0189724_16283249.jpg

c0189724_16284752.jpg

アップデートされたQ-LOCⅡは、
抜く前に、先を積まんで捻ると?

爪が畳まれたままの状態になる!

これにて問題解決、
抜き差し共にウルトラスムース。

c0189724_1629617.jpg
Q-LOCと一口に言っても、
上記の通り新型・旧型があり、
その他にも素材の違いによる軽重など、
色々選択肢があったりします。

それ等全てには互換性があり、
ダンパーもまた種類があり、互換性も。

そんな「互換性」という性能を光らすのは、
普通のユーザーが自分でバラせる、
サンツアーだけが持つ整備性の良さ。

c0189724_1630816.jpg
FOXは良い!Rockshoxも良い!
しかしそれ等のブランドとは違う、
独特の価値観を提案するサンツアー。

27.5用のオウロンもどんなだか気になるけれど。

サンツアーフォークの根幹であるエピコンも、
密かにSF9→SF12と進化して、
今回またSF14へと進化を遂げるそうな。

SF14は何が変わったのかしらん?

今は資料が少なすぎるので、情報が錯綜している状況ですが、
何か「お!」と思わす進化があればまたお知らせしたいと思います。

自分用にSF14をオーダーして来たんで楽しみだっちゃ!
by kaleidocycle | 2013-09-18 19:43 | 駄情報
<< 手芸の宴。 腕巻き出動要請。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧