井戸端監視カメラ



腕巻き出動要請。

24時間前の荒れっぷりが嘘の様に、静まり返った本日9月17日の朝。
遮る物を失った空は熱気を溜め込む事も無く、気温は一気にダウンヒル。
c0189724_14221135.jpg

c0189724_14224225.jpg
うむ、これぞ正に台風一過。

そしていきなり寒い。

家を出る際コレで良いのか?
と検討に検討を重ねた結果、
装着して来たアームウォーマ
コイツがあってもまだチョト寒い。

c0189724_14232366.jpg

寒さ対策なんて半年振り。

もっと着た方が良かったか?
と思っていても、上り始めりゃ汗をかく。


そうそう、こんな感じだったと思い出しながら、
台風の影響で盛大に荒れているであろう、
トレールの様子を調査にデッパツ。

c0189724_1423452.jpg

其処此処で木が折れ道を塞ぐ。


細かい枝は踏み潰し、
中くらいの枝は脇にズラし、
大きい枝には・・・突撃~!

って当然絡め取られて強制停止。
一人で動かせるレベルの木なら、
エイセエイセと脇に寄せて、再び前進。

c0189724_14242278.jpg

しかし枝では無く「木」単位になるとお手上げ。

バッカンバッカン倒れているけど、
こんなモン一人二人ではどないしょうも無いわい。


ま、スイスイ行くだけがトレイルに非ず。
時に担ぎ越え、時に滑り落ち行くものよ・・・。

c0189724_14243221.jpg
そう、快適に走る事を楽しむだけなら、
クローズドコースに行くべきで。

トレイルを走ると言う事は、ノタノタと山を散策する、
そんなニュアンスも含めての事。


だから。
ギャーーース!
次から次へと顔面へへばり付く、
蜘蛛の巣さえも愛おしい・・・わけあるかい!

c0189724_14251863.jpg
山の中では見た事無い川がそこらじゅうに。


山が吸い込んだ雨水は、
大きな流れでは未だ濁り荒れてるけれど。

山から湧き出る小さな流れは、
すでにスッキリ透明へと落ち着いております。


そしてそんな水が流れ込む「聖地」は。

c0189724_14253094.jpg

  水
  た
  っ
  ぷ
  り


c0189724_14261033.jpg

見た事無い様な水の溜まりっぷりで、
いつも休憩する岸辺がほぼほぼ水没。


足元から湧き出す水が次々流れ込み、
そして代わりに下流へも流れ出て行く。


差し引き、少しずつは減って行くんだろうけど、
しばらくは減らんのでしょうなぁ。

c0189724_14262377.jpg
さて座って一服するか、と場所を探すも、
花見の場所取り並みのシビアさ加減。

ちんまりした土地を見つけたなら、
背中からエサを取り出す。

愛用しているCCPの超軽量バッグ「Beyond」。
軽く、蒸れず、揺れないという条件を、
とてもとてもシンプルに解決した逸品。

担いでいる姿は決して美しくない。
でも大丈夫、自分の姿は見えないから。

c0189724_14263439.jpg

バッグの中には牛乳パック。

担いだ時、背中に違和感を感じぬ様、
エアロ加工を施しインストール。

さぁ!ナイススティックと共に喰らわん!
モシャモシャモシャモシャ・・・。

c0189724_14265559.jpg
腹が落ち着いたなら、水の流れを追って下流へ。


わ~、アスファルトがハツれて小川と化しとる~!

と、驚いてみたいけど此処は以前から崩れてて、
今も引き続き復旧中なだけ。


復旧中の剥きだしの砂利道だから、
もっとえらい事になっているかと思っていたけど、
アスファルトだから丈夫ってモンでも無い様で。

c0189724_14271163.jpg

川と道が合体した未来形交通網を、
水飛沫を上げて行く、GoGo!


飛沫で濡れてながら下り続けても、
体が冷える事も無い。
それはアームウォーマがあってくれるから。

日が高くなり、汗ばんできたなら脱いで、
バッグに放り込めば良い、アームウォーマだから。

そう、今の時期こそ光るのがアームウォーマという存在。
化繊のモノは意外と暖かくなく、日除け的な意味合いが強い様に感じますが、
Defeetのウール素材のモノは圧倒的に暖かいのに、
汗をかいても蒸れず、快適性をキープできる優れモノ。
c0189724_14272430.jpg
定番の「チャコール」に加え、
袖に「シェル」をあしらった、
黒ベースのモノもあれば、
愛らしい配色の「ミラノ」もあり。

各¥4,200。
ロングスリーブジャージを買うより、
効率的で便利な選択、アナタも是非。

c0189724_14273645.jpg

しかしエライ秋の幕開けではありましたが、
コレにて確実に秋の到来、という気候。


あ~、明日は何乗って何処行こ~?

とウフウフしながら予定帳を捲ると!
明日、展示会の予定が・・・あった・・・。

サボりたい・・・。

という事で明日は展示会の為、13時頃からの営業となります。
サボったとしても、それはそれで遠くへ走りに行きたいのでやはり13時頃で。
by kaleidocycle | 2013-09-17 18:57 | 商品
<< 2014見聞録 その5。 街乗りサバイバル。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧