井戸端監視カメラ



2014見聞録 その2。

c0189724_1714874.jpg
本日は絶対者「シマノ」の展示会だったのですが、
「新発表!」というモノは特に無く、
既にリリースされている製品の、
チェックポイントなどを学んで終了。


帰る前に、と堺市に来たなら必ず立ち寄る、
いつもお世話になっている塗装屋さんへ突撃。

現在塗装依頼中の我がリカンベントが、
おかしな感じで吊られていました。

c0189724_172288.jpg
塗装途中のフレームが並ぶ中に、
凄まじく妙な事になっているフレームが・・・。

凝ってるを越えて最早作品的。
こんなのを作るのは「彼」しか居ませんな。

と、そんな訳で本日は特に面白い話は無かったのですが、
書き切れなかった昨日の続きを・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014SalsaCyclesです。
c0189724_1724439.jpg
並んでいる中でまず目を惹くのが!

マクラク・チタニウム

イ・イカスーッ!イカし過ぎる!
チタンとかファットとか置いといても、
凄まじい存在感だでや・・・。

c0189724_1725553.jpg

フレーム&フォークで¥296,100、
完成車で¥519,750・・・。

安くは無い・・・というか間違い無く高価である。
しかし特殊さを考えればフレームセットは、
意外と普通なのかもしれないし、
完成車もステムがトムソンだったりするしで。

内容を考慮すれば買い得、
しかし!ただの自転車屋には遠い存在ですなぁ・・・。



c0189724_1731893.jpg

価格は同じ位なれど、
マクラクチタニウム程は遠く感じない、
カーボンファットバイクの「ベアグリース」


ただでさえ太いカーボンフレームを、
ファットバイク用に作るとなると・・・。

このボリューム感・・・

c0189724_1733040.jpg
裏返してBB周りを見るとやはり、
このボリューム感!

画像では分かり難いと思いますが、
100mm幅BBでコレであると想像すると?
ね!

完成車で10kg少々しかないとの事なので、
想像を絶する走行感を示すのでしょう。
夢の中で試乗してみます、ムニャムニャラ・・・。



ハ!目が覚めた!
最も身近に感じるSalsaと言えば、定番名車「エルマリアッチ」
c0189724_1744243.jpg
2014はシートチューブが屈曲し、
リアセンターがより短く設定可能に。

販売形態としてはフレームは勿論、
マルチの完成車もありますが、
気になるのはこのシングルの完成車

なにせこの色がカッコいい!

c0189724_1745229.jpg
シングル専用ハブに、ZTRリム、
油圧ブレーキを始めとしてコンポはデオーレと、
信頼性の高い隙の無いアッセンブルに加え。

15mmスルーアクスルのクロモリリジッドフォーク、
「クロモトグレネード・マクスル」をセット。


管長の長い29erクロモリフォークを、
15mmスルーアクスルで締め上げるという、
このしなり感と剛性感の妙、
このフォーク、ええんよね~・・・。

この内容の濃厚さで完成車価格¥162,750!
これは・・・間違い無くええでしょう!入荷は年末から年明け予定です。


そんな定番中の定番たるエルマリアッチも良いのですが、
近年Salsaと言えば?で連想される最右翼であろう「ファーゴ」も進化してます。
c0189724_174291.jpg

パッと見は?

色がポップになっているのと、
な~んとなしにゴツくなっている様な?

そんなイメージかと思いますが。

c0189724_1741899.jpg

エンドがスイング式のオルタネーターに!

という事はですよ、
シングルスピード化が可能なので、
「シングルモンスターツーリング」
という甘美な響きも達成できる、と。

c0189724_1742974.jpg
また今年から専用カーボンフォークが出まして、
上級完成車の「ファーゴ2」には、
車体同色のカーボンフォークがアッセンブル。

で、よく見ると?
そう!このフォークも15mmスルーアクスル!

ただでさえ意外なまでに走る、
と評されるファーゴが更に軽く、
高剛性化されるとなると、
最早モンスターツーリングバイクでは無く、
アルティメイトオールラウンダーと呼べるかも。

そんなファーゴ2、完成車が¥263,550と内容を考慮するとかなり抑えられています。
入荷予定はエルマリアッチと同じく年末から年明け予定。
雪でも何でもあらゆる場所へ走りに行きたい、そんな中毒者は検討する価値あり。



そして昨年のデビュー時には多くの人が首をかしげたけれど、
今年の各社動向を見るに、一歩先を行っていたのかと思い知らされた感のある。
c0189724_175338.jpg
「ウォーバード」はカラーチェンジで、
とてもスタンダードな仕上がりに。

価格がチョッと上がったと同時に、
コンポもチョッと上がって引き分け。

それ以上に大きな変化として、
BBがBB30からシマノ規格のBB86に。

このBB30からBB86へってのは、字で書くよりも・・・重い意味がこめられてますなぁ。
ウォーバードは相変わらず店頭に試乗車(55)がありますので、
変に勘繰るよりも取り合えず乗ってみて下さい、納得するはずですから。



ウォーバードがBB86になったからには、当然「コロッサル」もBB86に。
c0189724_1754438.jpg

デビューカラーは随分クセがありましたが、
2014は臭みも抜けた洒落感カラーに。

またダウトが幾つか見受けられた、
昨年モデルと比べて、
コンポーネントもグッと洗練され、
本来の姿により近付いた感あり。

価格は、エンヴェのフォークにこのコンポならこんなモンだろう、という¥275,100
入荷はやはり年末から年明けで・・・つい・・・自分のサイズを注文してしまった・・・。
という事で56が一台やって来ますので、気になる方は入荷したら見に来てね♪


c0189724_18303752.jpg

あと、45NRTHが新シューズ発表。

昨年アっという間に完売した、
ウルフハンマーに続く第二弾は、
少し軽快感を演出した「ファーストカット」

奥がウルフで手前がファーストね。

c0189724_18305764.jpg

全面防水素材で構成しながらも、
フロント一文字の止水ジッパで、
脱ぎ履きが圧倒的に簡易に。

ウルフの様なボア内装は無いモノの、
起毛インナーと耐寒ソールで、
冬の雨天~雪までをカバー。

極寒地ならいざ知らず、我々の乗る状況なら此方の方がよりフィットするか、
そんなファーストカット、意外なまでに安価な¥23,100なのですが、
恐らく今回注文してきた43x2足と44x1足が来るのみで、再オーダーは難しいでしょう。



c0189724_1831243.jpg

気にはなるけどご縁は無い、
そんな人にはこのシューズカバーを。

グリップでお馴染みリザードスキンから、
薄手防水仕様のシューズカバーが発売。

c0189724_18315166.jpg

PVC系と思しき外皮を持ち、
ネオプレン系と比べると、
大分防水性は期待できそうですし、
内側は起毛になっているので、保温性能も高そう。


決め手に欠けるシューズカバー選びですが、
どうせ買うならリザードスキン、となる気配あり。

しかし最近リザードスキン元気あるなぁ。

c0189724_18322212.jpg

と本日も文字に塗れて終了。

連日の展示会で、
頭はショート寸前。


明日は定休日なので、
ノンビリ休んでみようと思います。



天気ええそうなので、
展示会でムラムラした気分を、
パーッと走って晴らしましょう。


晴れんのか?
天気じゃなくて物欲がさ。
by kaleidocycle | 2013-09-04 21:34 | 駄情報
<< サイクリング。 2014見聞録 その1。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧