井戸端監視カメラ



逃避行。

c0189724_13541096.jpg

本日8月12日の日の出時刻が、
5時14分だというのは、
後から調べて知った事ですが。


ほぼ同時刻に起床した、
空井戸サイクルであります。

c0189724_13551299.jpg

いやもう、連日危険なくらい暑いじゃないですか?


最早「午前中の涼しい内に」とか、
そんなレベルの早起きでは通用しないし。

かと言って連日走りに出んでは、
血が濁るというか、何ともスッキリせんので、
此処は一発日が出る前でどうだ!
と早起きしてみた本日です。

c0189724_1357438.jpg

約4時間前まで飲酒していた訳で、
起床後とは言えやや酒臭いけれど、
とりあえず涼を求めて北へ。

こんな状態で上る花背は辛かろうなぁ、
と漕ぎ出してみたモノの、
意外なまでに辛くなくスイスイ行く。

c0189724_1357525.jpg
その効率の源はやはりこのハンドル

重心が前に移し易いからとか、
肺が開き易いからとか理由は色々あろうけど、
とにかく上りがとても楽チン。


ただそれが速さに繋がるか?ってのは、
残念ながら人次第って事で。

息を切らさぬチンタラペースで上っている内に、
陽が注し始めたりするのが我が現実。

c0189724_1358853.jpg

ホイ!お疲れ~。


花背の天辺で気温23℃

涼しい!と言い切って差し支え無し。

c0189724_13583051.jpg


このままドーンと雪崩の如く、
清涼なる京北エリアに下って行きたい、
そんな気持ちをグッと堪えて、
もういっちょ上ろう、クライム・トゥ・ザ・サン。


とか言うほど上る訳では無いのだけれど。

c0189724_13584773.jpg


山の天辺に出た頃にはすっかり朝。

スカッと晴れてんのに、
靄って眺望イマイチですな。


c0189724_1359136.jpg


山陰の林道を走る間は、
まだまだ涼感溢れた空気に包まれ、
灼熱の今を忘れさすに充分。


気を抜くと頭に群がるコバエ達を、
引き離すべく踏んで踏んでGoGo!

c0189724_13591380.jpg




c0189724_13592944.jpg

しかし日は徐々に高まり、
木陰の中を行くも、時に陽射しが皮膚を炙る。

このジリっとする瞬間、
太陽とはなんと凄まじい出力か、と改めて。


そらこんなパワーで炙られりゃ、
毎日あんな暑さになるのも当然だし、
ドラキュラが嫌がるというのもまた。

c0189724_13594075.jpg

昔、炭が燃料の主役だった時代、
牛や馬が炭を運んだと言うこの道。

自転車でも勿論行けるのだけれど、
微妙に飛ばせない程度のガレっぷり。


ひっくり返っては元も子もない、
集中力切らさずジックリ行くべし。

c0189724_1401142.jpg

陽射しが暑い!

とは言え此処は山奥、充分涼しい。


貴船が京の奥座敷なら、
此処は京の裏庭って所かしらん。

c0189724_1402311.jpg


裏庭というよりも離れか?

集落に繋がる唯一の道が未舗装ってんだから。



帰路、市内が近付く程に気温が上がり、
夢の清涼タイムは終わりを告げ、
再びあの灼熱の最中に。

c0189724_1403786.jpg



あ~スカッとした~。


けど・・・眠い




by kaleidocycle | 2013-08-12 20:51 | 無駄
<< 真意。 8月16日(金)、つまり5日後... >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧