井戸端監視カメラ



エネルギー革命!子供アシストシステム。

ピッピーッ!ピッピッ!と警察官の吹く笛の音が響き、
交差点は封鎖され、やがて黒塗りの車がスーーッと。
c0189724_15125137.jpg
天皇さんが御所に戻られるのに先行して、
必ずSPらしき車が安全確保を行います。

ピリピリした敵意を感じさせるSP車の動きや視線は、
如何にも「プロ」って感じで見応えが有るのですが。

自宅(京都御所)に帰るだけでこの物々しさってのは実に大変。


「おぅ!チョッと出かけてくるわ!」
とプラっと出かけられ、一人の時間を堪能できる我々は実に幸せです。
しかし小さなお子さんが居られる家庭だと、
「ちょぃアンタ、この子も連れてったって~や。」と言われる事もあるでしょう。

そんな時に光るのが「一人乗り」という自転車の特権。
連れて行きたくても連れてけねぇんだよ、バハハ~イってなモンで。

が、そんな状況を打ち砕くかもしれない危険なモノがあります。
c0189724_15132164.jpg


それは革命的チャイルドトレーラー「Weehoo」。
・Weehoo iGo20 ¥39,900

よくある子供をテントに放り込んでしまうチャイルドトレーラーでは無く、
また子供が自分で跨るタイプの連結牽引車両でも無い。
c0189724_15133422.jpg

ドッカリ座るリカンベントタイプです。


背もたれ・肘置き・ハンドルが子供を包み、
ひっくり返るドン臭い親でゴメンネ!という時も、
子供の怪我を最小限に抑えてくれますし。

シートベルトもあるので、
子供が眠ってしまってゴロン、と言う事も無い。


c0189724_15134654.jpg
またシートが前後に調整可能。

つまり?身長制限の幅が広い。
身長約96cm~145cm程度まで、
年齢で言うと3歳から10歳までフォロー!

これはリカンベントタイプゆえの、
便利すぎる特徴でありますな。

c0189724_1514433.jpg
子供を連れてサイクリング、
ではありません。

子供も漕いで一緒にサイクリング!

トレーラー曳くと当然上りが重い訳ですが、
そんな時には子供に「ヘルプミー!」
子供パワーでグイグイ上るべし。

c0189724_15141976.jpg

シートの後にはパニアバッグもあるので、
お弁当や着替えなんかも此処に入れて~。

シートの左右には脇には小さなポケットがあるので、
子供用の飲み物や、ゲームボーイを入れとけば、
飽きっぽい子供も楽しく一緒にサイクリング。

背もたれ裏面のポケットには、
雨具とかを入れとくと良いかな?

c0189724_15143120.jpg
トレーラーと自転車本体の連結は、
クイック&ボルトで取り外し可能。

なので、不要な時は外して押入れに。


また自動車に積む際は、
自分の自転車はルーフキャリアに、
トレーラーはクイックで二分割してトランクに。

んで自動車で琵琶湖の湖北まで出て、
平らな田舎道を子供と一緒にクルージングとか。

c0189724_1514417.jpg

そんな事を考えているだけで、
夏休みが楽しみになって来るWeehoo。

一人で居られる時間も良いモノですが、
子供が一緒に遊んでくれる内に、
二人でサイクリング出来るというなら、
やっぱやっといた方が良いのかも。

「小さな子供とサイクリング」という簡単そうで難しかった希望への革命的回答。


子供も親も、乗ればきっと笑っちゃう。
そんなコイツが¥4万以下ってのは恐ろしく安い。

最大の問題は、置く場所が確保できるかって事でしょうね。
by kaleidocycle | 2013-06-22 17:24 | 商品
<< でけるかな? サーリーじゃなしにスーリー。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧