井戸端監視カメラ



MからUへ。

c0189724_16573198.jpg

天気予報の通り、
本日から梅雨入りという事で。


空は雲がスイスイ流れ、
小雨が降ったり止んだりまた降ったり。

濡れると冷たいし、自転車も錆びるし、滑って転んで失神しそうだしで、
梅雨が終わるまで自転車生活大休止、と言う選択もあるのですが。c0189724_16584933.jpg


そもそもそないに速く走る訳では無いし、多少濡れた位の方が気持ち良い事もあるしで。
c0189724_1702921.jpg

コロコロハンドルを換えている
パイク号の最新ハンドル、
「Simworks Calsaga-Bar ¥6,930」
を握りながら小雨に煙る峠を行く。


Calsagaはバーエンド一体型ハンドルという事で、
随分前にはスコットやオンザをはじめ、
腐るほど出ていた形状、つまり懐かしい。

c0189724_170393.jpg
このニョロンと伸びた「ツノ」というのは、
当然上りにとてもとても力を発揮致しまして。

ゆっくりのんびりシッティングは勿論の事、
「コレ以上は無理~!」となる激坂でも、
遠い先っぽを握って前加重でグイっとなグイっとな。


でも、このグイッと上るだけなら、
昔のハンドルを引っ張り出して来て使えば良い。
ならばCalsagaが存在すべきポイントとは?

それは素材が鉄(クロモリ)であるという事。
この手のハンドルはアルミ製が殆どでしたが、管長が長い為剛性が下がり、
グイグイ引くとグニャっとした感触が出てしまい、好みにもよるけど「ん~」って事屡。
その点、このCalsagaは鉄なので引いても引いてもガシッとしており、
この剛性感が生む気持ち良さは、選びたくなる大きなポイント。


そんなCalsagaと、前に使ったSomaのマウンテンマスタッシュと並べると。
c0189724_170516.jpg

「縦握り・横握りが使い分けれる」
という意味では同じですが、
手前位置が縦握りとなるSomaに対し、
奥が縦握りとなるCalsaga。

幅広い位置で手前を握るという事は、
即ちダートの下り時を意味する訳で。

つまり、Somaは縦握りでダートをこなし、遠い奥を横握りで引いて上る。
そしてCalsagaは遠い縦握りで上り、手前の横握りでダートをこなす、という事に。
c0189724_1711695.jpg
ま、ドロップバーの亜流であるSomaと、
フラットバーの亜流であるCalsagaですので、
どちらが効率的、という話は出来ないのですが。

「気楽にダートをクルージング」という目的なら、
Calsagaに軍杯が上がるかな、と。

今回自分の選んだCalsaga540mm幅は、使い勝手と良い視覚的バランスと言い、
モンスタークロスであるパイクとのマッチングはとても良い。
c0189724_172355.jpg


しかしそもそもの幅が540mmな事に加え、握れる有効管長が狭まる形状なので、
ダートで飛ばそうなんて思うと・・・痛い目を見る事になりそう。

それでもダートを飛ばす気持ちが抑えられない!
そんな人にはよりワイドな640mm幅仕様もあったりします。

マウンテンサイクリングやツーリングには540mm、
シングルスピードMTBには640mm、そんな感じでお勧めしたいですな。
by kaleidocycle | 2013-05-28 19:15 | 商品
<< てるてる坊主バッグ。 6月の営業予定。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧