井戸端監視カメラ



廃道賛歌。

空を仰げば雲一つ無く晴れ渡り、走れば汗をかくけれど決して暑くは無い。
そんな今朝は気分爽やか、脳内BGMにはジョーサトがベストマッチ。


こんな気候なら朝から100kmでも走りたい。
c0189724_17202291.jpg
と、威勢だけはよく吐いてみるも、
そうも行かないのが現実。

何故か?それは朝起きれないから。


原付でもないのに最高速30km/hに制限されている、
そんな自分が100km走るのには4~5時間必要。

となると起きるのは・・・。
寝る事を至上の喜びと捉える人間には辛い時間。

c0189724_17201515.jpg
辛うじて布団から脱出し、
時計を見ると走れる時間は2時間少々。

2時間かぁ・・・いつもと同じ道しか走れんなぁ。


いや!そんな事は無い!こんな時には廃道だ!
そう、山岳部を抜ける便利で快適な道の脇には、
過去に使われていた廃道がある事しばしば。

いつものルートに廃道というスパイスを足す事で、
マンネリ化したルートも新鮮味が蘇るってモンです。

c0189724_17204054.jpg

あわよくば鹿の角でも、と脇を見ながら行くも、
当然対向車もくそも無いので事故の心配無用。

でも余所見してると石を踏んで「おわ!」となったり。


「永年放置されても案外土には還らない」
そんな道路や空き缶のしぶとさに、
改めて驚愕させられたりと中々のエンターテイメント。

c0189724_17203379.jpg
と、廃道とは非常に近くにある遠方でありまして、
正式なルートには無い楽しさがあります。

しかしだからと言って廃道ばかり走っていると、
廃道は廃道ではなくなり、いつもの道になる。


これでは本末転倒です。
廃道はやはりカンフル剤的存在であるべきなので、
明日こそは早起きしよう!と心に誓うも、
それが成せるか否かは・・・神のみぞ知る。
by kaleidocycle | 2013-05-13 17:56 | 無駄
<< バック・トゥ・ザ・バブル。 一葉。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧