井戸端監視カメラ



丁度良い。

気が早いにも程がありますが、来る梅雨時期に向けてチョロチョロ作っている、
「梅雨払い一号」と言う名のSurlyスチームローラー。
c0189724_1782238.jpg

雨の中で少しでも快適に乗る為、
フルカバードフェンダーは必須。

選んだのは主張の少ない超シンプルフェンダー、
クラナの「シーライト」なのですが、
見た目よりも実用性を重視して、
少し広めの35mmのモノをチョイス。

コレであとは上にキャラダイスのポンチョを着れば、
雨だろうが何だろうが、快適に何処までも行け~る。

あと、雨の日と言えばブレーキかける度にリムとシューが削れて、
黒い汁がダラダラ垂れて、見苦しい事極まりない訳ですが。

その点、固定ギアの此方であれば足だけで加減速の殆どが賄えるので、
ブレーキを使う事自体殆ど無くなり、スッキリ状態を簡単に保てたり。
c0189724_1781779.jpg



と、雨天下に置ける固定ギアとフェンダーのコンビと言うのは、とてもスウィートかつ実用的
実用なので何でも良い、と言えれば良いけどそこまでは言えない。
けど、やっぱり実用なのでそこまで磨き上げるというのも何だかなぁ。

その中間の「丁度よさ」と言うのをチョコチョコして梅雨払い号となる訳です。
サドル¥1,680、バーテープ¥840、ブレーキレバー¥2,100と、
最低限のコストで己の納得行く感じになって来たかな、と。



まぁそんなですね、丁度良さというのはとても重要だと思うのですが、
その正体が見えぬが故、今ひとつ話題に上らない様な気がします。

そう、「最高のモノ」を組み上げるよりも「丁度良さ」というのは難しい。
そんな曖昧模糊とした「丁度良さ」という概念に副う事が多いのでは、と思うのが。
c0189724_178508.jpg


StarFuckersのSteel-ERA(ステラ)というフレーム。
c0189724_1785592.jpg
130mmエンドのロードフレームなのですが、
トラックエンドなのでシングルで組む事も可能。

付属のスペーサを兼ねるチェーン引きを使えば、
120mmのトラックハブも使える、と。


究極の何にもならないけれど、
何となく自分の好きな様に出来そうな「適当感」

こういったコンセプトのフレームは、
キネシスからも出ていた様に記憶していますが、
このステラは鉄フレームってのがより好ましい。

こんなフレームが¥52,500で買えてしまうという有り難さ。
勿論、ビッシビシのパーツ構成で組むのも人の勝手ですが、
家に転がっている様な余り部品や、気を遣わない程度の程々のパーツで組むと、
偉大なる「丁度良い一台」になってくれそうだなぁ~等と。

そんなスターファッカーズのステラが「丁度良さげだ・・・」と思ったなら。
・・・スターファッカーズさんのお店でお買い上げ下さい。
ええ、弊店取り扱いなど無いのですよ。

でも丁度良さげだな、と思っただけという無責任な本日のお話。
by kaleidocycle | 2013-04-22 20:10 | 駄情報
<< (仮)ザク。 越えてく新世紀バッグ。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧