井戸端監視カメラ



ハロー、ワーサー。

c0189724_17242046.jpg

本日4月4日という事で、
暑くも寒くも無く快適極まりない気候な訳ですが。

丁度1ヶ月前の3月4日とかは、
まだこんな雪景色であった事、
改めて確認するに信じれぬ思いですな。


まぁたった1ヶ月前とは言え、
こんな雪は山の中だから、というのもありますけど。

そんな4月、この気候を逃すまじと様々な催事が御座いまして、
先日言及した「ジェントルマンレース」は勿論の事、
その前に「グランフォンド京都」が来週末の日曜14日に開催されます。

グランフォンドはロングサイクリングイベントでありまして、
レースで無いのでタイムも順位も関係無く、
丹後網野町を出発し京都までの156kmを延々走るという平和なイベント。


そのグランフォンドに、弊店顧客さん達の自発的部活動、
「固定ロングライド部」が参加する事になっております。
固定ロングライド部は、その名の通り固定ギアの車両で長距離を走るという、
一見すると「どうかしてる」趣味を持つ人の集合体。

上りは変速機が無いので全身の力を使い悶絶しながら、
そして下りは足が回り続けるのでやはり全身でコントロールしながら、
幾つもの峠を越えて遠くへ遠くへと駆け抜ける。


・・・・しんどそうですよね。
しかし実際に走ってみると、意外と遠くへ行けてしまう固定ギア車。
だって変速機が誕生する前の時代は皆こんな自転車だった訳で、
まして今は道が綺麗に舗装されておりますので、当然と言えば当然。
c0189724_17254446.jpg
そんな「漕ぐだけ」というシンプルな固定ギア。

シンプルゆえ、持てる力を効率よく推進に変える為、
構成部品をああでもないこうでもないと、
取捨選択して完成度を上げて行くのですが。

c0189724_17255388.jpg
固定ロングライド部の某部員さんが、
このハンドルに行き着かれたのは、
何とも感慨深いと言うか何と言うか。

・Soma ラウッターワーサーバー

c0189724_17262426.jpg

セミドロップと呼ばれるモノの一種で、
旧車の世界では比較的知られたシェイプ。

マスタッシュバーと比べると落ちが大きく、
より通常のドロップハンドルに近いですね。


またリーチ・・・というより突き出しと呼びたくなる、
そんな前方向への迫り出しもより大きく、
重ねてみると全く異なるハンドルでありますな。

c0189724_17263883.jpg

そんな約一世紀前の名選手の名を冠したハンドル。
Soma以外からも同様製品は幾つか出ています。

しかし!

素材がであるという事は「このハンドルがあってくれて良かった」と言わすに十分な要素。
と言うのも固定ギアで峠を上る際、ペダルを踏み込むのは体重だけでは足りず、
ハンドルをグイグイ引きながら無理矢理上る為、ハンドルには剛性が欲しくなります。
それだけならアルミのハンドルで十分満足できるでしょう。

しかし下りや平地で長時間・長距離を乗る際のよりよい快適性を求めると、
やはり鉄になってしまうという話なのですね。
c0189724_17265570.jpg
この昔の少年車についていた様な、
変な形状のハンドル。

このストレート部分をガシッ!と握る、
そして背筋力測定の如く、
グイグイグイグイ引いて上る。

なるほど、と言ってしまいそうな程に理にかなっています。
c0189724_17273931.jpg
自転車には変速機が付き、
それが電動になるまでに進化しました。

また空回りするフリー機構が無い時代から、
変速が生まれ、今や11段変速に。


ただ「漕いで動く」という根本は何も変っておらず、
歴史の中で経験してきた変化というのは、
一歩振り返ると実はエスカレーターの様なモノで、
上へ上へ上っていると感じた変化も、
実は大きな落差を産むには至っていなかったり。

いやそりゃレースをやれば話は別ですよ。
しかし一人で楽しく走るだけであれば、そないに大きな差も無いんじゃないか、と。
c0189724_17275069.jpg


ビンテージ趣味など無いのに、結果的に昔の自転車に近い形になる。
その事は先人の試行錯誤を追体験する様で、何とも感慨深いモノではありませんか。
by kaleidocycle | 2013-04-04 20:18 | 無駄
<< すごくラブリー。 4月の営業予定。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧