井戸端監視カメラ



ポチャ・ピタ。

c0189724_18375528.jpg
柳に飛び付こうとしていたカエルを見て、
「アホ丸出しやな・・・この下等生物は」
と舐めていたけど云々というのは、
小野道風さんの逸話ですな。

そんな道風さんを祀った道風神社が、
いつものサイクリングコース脇にある身だからか、
柳には妙な好印象を持っております。

この青々と繁った柳の様は、
何とも涼しげで宜しい姿じゃありませんか。

c0189724_18355460.jpg

しかし、爽やかな柳を横目に店の扉を開くと。
暑苦しい・・・


太いタイヤが並ぶと、
フェチズム雑誌の様なインパクトがあります。

ポチャカワなどという言葉が流れる今ですから、
一見すると変なこれ等の自転車達も、
あるいはメインストリームとなるのやも。

と、そんな狭い空間を圧迫している最大の要員であるSurlyのクランパス。
入荷早々に組み上げた完成車の中でも、やはり一番目を惹くのは。
c0189724_18363658.jpg


Lサイズ(20インチ)であります。ん~デカい!立派!カッコいい!
Mサイズのクランパスを前に、その巨躯をして、
「コレは単車で言えばアフリカツインやな・・・」と話していたのですが。

Lサイズの此奴は単車でいうとBMWのHP2エンデューロ。
目の前にすると、その圧迫感は中々のモノ。
まぁ実際乗ると案外普通に乗れてしまうのがHP2とは違う所ですが。
c0189724_18365672.jpg
で、そのクランパス完成車。
事前の情報だけではよく分からなかった、
構成の色々について少々。

まずヘッドセット。
事前情報の画像ではテーパード用ヘッドっぽいのに、
フォークはオーバーサイズとはコレ如何に?

現物はやはり「ヘッドセットはテーパード用」、
しかし下玉押しがOSコンバチとなっております。
つまり、下玉押しを用意するだけで、
テーパードコラムの差し替えが可能、と。

c0189724_18371010.jpg
え~あとですね、フロントのデバイス
画像では分からなかった「何らかのデバイス」、
その正体はmrpの「1X」でした!良いね~。

デフォルトではシム3枚でセットされていますが、
1枚抜いた2枚が適正かと。

c0189724_18372529.jpg
そしてこの巨躯を抑え込むハンドルが、
Salsaの新ハンドル「Wammy Bar」

その幅脅威の780mm!
っつってもクランパスに着いてると普通なんですけど。

こういう事ばかり書いていると「意味が分からん!」とお叱りを受けたりもするのですが、
そんなクランパスに興味の無い方には~?
c0189724_18381148.jpg

CCP春のパンツ祭第二段、
マグホスパンツが届いております。

・CCP PT-TA07 2013マグホスロング
 ¥18,900



CCPの屋台骨とも言えるマグホス、
しかしこの寝っ転がした画面では、
魅力を伝える事は出来ませんな。

c0189724_1844253.jpg
CCPさんのHP画像をパクるとこんな感じ。

右サイドに大きな箱型ポケットのついた、
ストレッチコットンの長ズボン、で正解かと。


今までのマグホスからの変更点として、
腿部分が約2cmルーズになり、
反対に裾が約1cm細くなりました。

つまり腿のピタピタ感が少なくなり、腿太民族も恥ずかしがらず履けて、
かつ長ズボンにありがちな「あ!ギアに裾噛んでしもうた!」という事も減る、そういう事。
c0189724_18384316.jpg
素材はポリウレタン混のコットンなので、
スキニーながら非常にストレッチ性に富み、
漕ぐ動作は勿論の事、日常生活もストレスフリー。


そしてマグホス最大の特徴である、
ボックスポケットは通常のポケットと違い、
パンツ外部にマチを設けて着いているので、
モノを入れても履き心地には影響が無く。

チョッとしたバッグ程度の容量も有るので、
手ぶらで出掛ける際にとても重宝します。

c0189724_18444670.jpg

またそれが「便利」という価値だけでなく、
スキニーパンツに有り勝ちな、
シルエットの画一化に陥る事無く、
独特のシルエットを描き出す事で、
「チョッと恥ずかしい・・・」という、
スキニーへの抵抗を無かった事にしてくれたり。

右バックポケットが無い事で後姿のシャープさを演出したりと、
CCPの定番となるだけの要素が詰め込まれているのですね。
c0189724_18385185.jpg

また運動量をより豊かにする、
膝のプリーツ部分には、
リフレクターパイピングをあしらい、
夜間走行の安全性も向上。

まだまだ花冷えする昨今、こんなパンツが一本あれば、
自転車での移動が更に楽しいモノになると言う事、ご周知頂ければ幸いであります。
by kaleidocycle | 2013-04-01 21:53 | 商品
<< 新・紳士車。 クランパス祭。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧