井戸端監視カメラ



お座敷。

昨日朝から調子よく走りに出た結果、昼から延々とクシャミを繰り返し、
クシャミの振動で脳にダメージが発生したのか、
日暮れには過去最大級の頭痛に頭を抱えるという事態に。

アカンアカン、アキマヘン・・・と店で寝転がるという始末。
そんな状態で納品、と言うのはオーナーさんに申し訳なかったのですが、
まぁオーナーさんからすれば、店のオッサンが如何だろうが、
仕上がったマイマシンしか目に映っていなかったと信じたい。
c0189724_15313662.jpg

c0189724_15314330.jpg
空井戸サイクルが贈る伏見産定番ロード「Hobo」

塗り色は塗装屋さん協力の下練り上げた、
「ディープパープル・ロウフィニッシュ」


メタリックは入っていないのに、
下地の鉄が透けるので微妙に陰影があり、
パイプ接合部も薄っすら透ける。

ん~・・・イヤラシイ。

c0189724_15315729.jpg
ヘッドチューブのみ、色無しのロウ。

あえて残した磨き残しが影をつけて、
鉄感5割増し(当社比)。


パイプ接合部に見えるロウが、
まるで金色の墨入れの様に残り、
なんとも・・・ロックなイメージになった様な。

なんでロックっぽく感じるのかしらん?
よく分からんが、脳内の糸がロックに繋がりました。

c0189724_153242.jpg
そんなビシっとした塗装の仕上がりを、
更に高みへ押し上げるのが、唯一無二な見た目の、
ホワイトインダストリーズのVBCクランク

手前味噌ですが、コレは良く出来ました。
見た目、走行感、そして所有感、バッチリかと。

予算もかなり頑張って頂きましたが、愛車と呼ぶに充分過ぎる存在に。
こうなってしまうともう間違っても屋外保管はしたくない、というか出来ない。


c0189724_153225100.jpg

自分も引越しに伴い、
愛車群を家内に収めきる事が出来なくなり、
屋下の車庫に並べる事になっているのですが。

ロードのみは何とか室内に、
という事で階段下の狭いスペースに。


しかし階段下というのは中々に狭く、
如何に収納するか?というので色々実験。

手持ちであるメンテナンススタンドを使うと、出し入れが異様に邪魔臭い。
かと言って、ミノウラDS-110Rなどの差込み式の自立スタンドでは、
固定感があまくグラグラするので、狭い階段下では並べた2台が接触し、
予期せぬ傷など入ってしまうかも、と考えると・・・怖えぇ。
c0189724_15323758.jpg

さて如何したモンか?
と考えている中で目に留まったのが此方。

・Topeak ラインナップスタンド ¥5,460


トピーク製品というのが我ながら意外ですが、
見れば見るほど「こ・・・これか?」と言う感じで。

c0189724_15325196.jpg
機構としては、上に伸びたアームが、
スプリング仕掛けになっており、
グイっと差し込むと3点で固定されます。


その支える3点の内の下部2点は「細いタイヤ・太いタイヤ」其々嵌りこむ様な形状で、
上に伸びたアームの先には中国独楽状になっているので、
ロードでもMTBでも、ガタつく事無くスパッと立つ訳です。
c0189724_15325755.jpgc0189724_1533947.jpg


c0189724_15331716.jpg


で、自分なぞは定位置に置いておくだけですが、
使う時と使わない時がある、という人なら。



アーム先の黄色いボタンを押すと、
アームが折り畳まれ。

そして四方に広がった足も畳めるので。

c0189724_15333198.jpgc0189724_15333336.jpg


c0189724_15334875.jpg

チッコくなります。


この辺「いかにもトピーク」というギミックですな。

まぁそれが有り難いか如何かは人其々ですが、
そんなギミック抜きにしても、
このスタンド、見落としそうな製品で・す・が。

実は!というお話で御座いました。
by kaleidocycle | 2013-03-08 18:57 | 商品
<< バイアグラよりも。 クシャミハナミズハナヅマリ祭 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧