井戸端監視カメラ



戦鳥解体新書。

先日、遂にデュラエースの油圧レバー画像が確認されたとか何とかで、
ジリジリとながら確実にその時代を迎えようとしているディスクロード

まだ黎明期とは言え、チョロチョロ出て来ている車両もありますが、
「何故ディスクである必要があるのだ?」というアンチな意見も当然あり、
諸手を挙げて市場から迎え入れられている、とは言えない模様。
c0189724_18104999.jpg

その点、このSalsaの2013ニューモデル「WarBird」は、
純粋純血のロードバイクでは無く、未舗装路を含めた様々な状況で飛ばす、
「グラベルレーシングマシン」という位置付けで、独特の存在となっておる訳です。
c0189724_1811992.jpg
「シクロクロスと何が違うの?」
という当然の疑問に明確に答える事は難しく、
強いて言えばBBの落ちが大きかったり、
ヘッドが寝ていたりと、シクロレースでの優位性より、
通常使用での優位性を重視している、という事位。


しかしワイヤーの取り回しがトップ下になっており、
担ぐ事が重視され勝ちなシクロとしては不便。

あえてこの様にする辺りが「シクロじゃねぇんだよ!」
という無言の声なのか?と深読みしたり。

で、このウォーバードはまたまた試乗車であったりしまして、
在庫を買う金の無い弱小店舗たる弊店が興味本位で借りて来たモノなのですが。

箱を開けてパカパカ組んで、さぁ乗ろう!とした所・・・重い
いやそりゃ自転車は重量で走りが決まるモンでは無いし、
同じく借りている試乗車のコロッサルも重かったしで、
そういうモンと言えばそうなのかもしれませんが、
大径アルミフレームにフルカーボンフォークでコレは・・・切なくないか?

んでキミ何キロあんの?と計ってみた所驚愕の9.75kg
キミ~、グラビアでやって行くならもう少し絞らないと~。
しかしですね、このフレーム&フォーク&コンポでこの重量ってのは何か変
あと1kg位軽く出来れば合格のハンコを押したくなる、
そんな気分をスッキリさせる為、重量化の犯人探しを開始した日曜の昼下がり。
c0189724_18112362.jpg
まず目が行ったのはタイヤ。
クレメンのUSHという35mm幅のモノです。

触った感触からも明らかに重そう。
犯人はオマエか!検査だ検査だ!
実測・・・510g/本。重い!

レーシングと言わんまでも、スポーティーにグイグイ漕ぐマシーンな訳ですから、
前後で1kg超えのタイヤは無かろうて。
シクロタイヤなら350g/本位でもあるので、タイヤは交換要員決定。
タイヤ替えるだけで300g位は簡単に削れる、という事ですな。
c0189724_18113922.jpg
フロントホイルも1,015gと結構重い。
しかし軽量なSunのAssaultに、
DTのコンペティションスポークと割と健闘。

どうやらローター135gと、ブラスニップルが、
重量加算の原因になっている模様。

ニップルをアルミにすれば30gくらい削れるけれど、
いっそMTB用のXT完組みホイルを使って150gくらい削りたいかも。
c0189724_1811487.jpg

さぁ次は~、オマエ。

オマエみたいなな!
「私は犯人じゃありません、関係ないです」
みたいな顔した奴が、犯人だったりするんだよ!
何がエッジのテーパドコラムだ、
さぁ重量計に乗らんか~い!

・・・440g・・・軽い。
スイマセンねぇ、へへ、へへへ。

さぁ次は・・・見るからに重そうなスプロケット。
しかし11-30tというワイドレシオ故、ここは仕方無いか。
でもアルテの11-28tくらいにすれば100g位は削れたり。
c0189724_18121129.jpg
それにしてもケツ周りが重く感じる。
計るとリアホイルはタイヤチューブ無しで、
1,260g程もある様子。

オマエ・・・オマエなのか?

ハブのみが足を引っ張っているとは言い切れませんが、
此処もフロント同様、XTの完組みを使えば約250g程は削れそうです。
そう、このウォーバードは135mmリアハブ仕様なのでMTBホイルが使えるのです。

c0189724_18124861.jpg
その他を計っていっても、、
ポジション周りは案外重くも無く、
削ろうと思えば全部で100gくらい削れそう、
というレベルなので、まぁOK。

さぁ犯人を追放する予定を立ててみると?
タイヤ前後を軽量化して-300g、
ホイルをXTにして-400g、
スプロケをアルテに変えて-100gの
計800g程度は削る事は可能そうなので、
実測9kg切りは普通に行けそうです。

アルミフレーム&カーボンフォークのモデルとしては喜べる数字とまでは行きませんが、
そもそもコイツはロードでは無く「グラベルロードである」と認識し直したなら、
この数字は純粋に喜んで迎え入れるに充分な数字では無いでしょうか。
c0189724_18123421.jpg
けっしてケチをつけている訳でも、
数字が大事だと言う訳でもありません。

このアルミの滑らかなスタイリングは、
かつてクラインやストークを、
遠く天上に見上げていた、
そんな自分からすると、
とてもとても魅力的に映るのです。

そんなウォーバードが、いつか何処かのオーナーさんの手元に行った時、
「重いからダメだ」の一言で片付けられてしまう事が心配なのです。

コイツはやれる子です。
日本にグラベルレーサーってピンと来ないかもしれませんが、
ロードでは立ち入らない未だ見ぬ道を走ったり、
長時間走り続けるブルベ的なシーンであったり、
過酷なジェントルマンレース等々の相棒として充分以上に期待出来るはず。

検討される方には、正直フレーム&フォークから組まれる事をお勧めしますが、
コスト的な負担を一気に担ぐのがシンドイ方は完成車を手に入れ、
少しずつ皮を剥く様にブラッシュアップして行けば、
それはそれで各部品の重要性を一つ一つ学ぶ良い機会になるかと思います。


え~、本日も訳の分からん話で御座いましたが、
要するに・・・要するに?
c0189724_1813322.jpg



道具は目的に応じて適切に!
って事で、明日は定休日です。
何のこっちゃ訳分からんけど知りたい、そんな方は明後日以降直接ご来店下さい。
by kaleidocycle | 2013-02-24 19:54 | 商品
<< 愛着とその他と。 地味なライサコ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧