井戸端監視カメラ



地味なライサコ。

例年と比べ寒さが厳しく、雪がチラつく事も多かった今年の京都ですが、
週明けはやっと気温が10℃を超えるとの予報。
そろそろトンネルの向こうが見えてきた様ですな。

春に向けてオーダー頂いていたロード数台も、
ボチボチ巻き上げて行かねばならぬ時期に差し掛かり、
冬の間冬眠休業状態だった方々も、気分が盛り上がって来ているのでは?
c0189724_2033433.jpg

で、そんなこれからのシーズンに向け、
ご紹介しておくべき定番商品が此方。

・CCP ライサコ   各¥1,900


ライクラで出来たサコッシュだから「ライサコ」。

サコッシュってのは簡易小袋ですね。

c0189724_20335314.jpg
で、ライクラというのは素材の名前で、
簡単に言うと超強化版パンストみたいな、
ノビノビ素材でありまして。

入らなそうなサイズのモノでも押し込むと、
リスの頬袋の如くパンパンに膨らみます。

c0189724_20344134.jpg

詳しくは。

←此方の画像をクリック。


c0189724_20341987.jpg
ベルト部分は筒状になっており、
そこに本体をヤタラメッタラ押し込むと。
強制的パッカブルとなり、
サイズはホープの箱よりやや大きい程度に。

で、コイツをバックポケットに忍ばせておくと?

1、寒い寒いとウインドブレーカを着て走り出す。
2、そのくせ走り出すと汗が滲み出し、陽も照って来る。
3、ウインドブレーカを脱ぎたいけれど、脱いだら邪魔になる。
4、あ!バックポケットにライサコがあるではないか!
5、ウインドブレーカを脱いでライサコに押し込む。
6、スッキリ爽やか気分でドンドン走り行く。

c0189724_20342895.jpg
と、そんな正統派な使い方は勿論、
自転車屋に行き、ふと、
「オッサン、クランクブラザーズのペダルおくれ」
とペダルを購入し持って帰る時にも、
ポケットの中にライサコがあれば、
ご覧の様に簡単に持ち帰れたりも。

またサイクリング中によく目にする、
野菜の無人販売所で、
気になる野菜を見つけた時にも、
ライサコがあれば「欲しいけど持って帰れない」、
そんな寂しい気分ともお別れできるって寸法です。

c0189724_20345255.jpg

そんなこんななライサコ。

今更説明する必要も無い程、
定番中の定番だったりもしますが。


気になってはいても、
やたらにド派手な色ばかりで、
手が伸びなかった方には、
比較的地味な今回の色で、
さぁ如何でしょう?という感じですし。


見た事も聞いた事も無い、
そんな方も是非一度手に取って、
伸ばして入れて、試してみて下さい。


¥1,900以上の価値はあると思います!
by kaleidocycle | 2013-02-23 21:23 | 商品
<< 戦鳥解体新書。 プレジャー・プレッシャー。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧